AのバッグがSHOPトリエンナーレに!

クリオシティが展開しているサイクルライフブランド「A by Courio-City」と、自転車好きが集う元町のシェアオフィス「MOTOMACHI x PORT」がコラボして生み出したメッセンジャーバッグが、ヨコハマトリエンナーレ2017の公式ショップ「SHOPトリエンナーレ2017」で販売されています。

上の写真はSHOPトリエンナーレ2017のガイドブックですが、ショッピングバッグを模してたりして面白いですね。今回のトリエンのテーマは「島と星座とガラパゴス」。

その中の1ページに、開発を担当したクリオのメッセンジャー、ジャージと次長くんもちょこっと写っています。

 

商品は、一言で言ってオシャレです。カメラを機能的に収納できる作りになっています。なぜなら、人気フォトグラファーの鈴木知子さんも一緒に開発に携わってくれているからです。

カメラを入れないで普通に使う場合にも対応しています。

大量生産品とは一線を画した、よく考えられて作られたアイテムです。

そういうアイテムを身に付けたいですよね。

赤レンガ1号館1F で売られています。

~11月5日(日)まで。

第30回全日本マウンテンバイク選手権大会

2017年 7月21-23日、今年も開催されました

『第30回 全日本マウンテンバイク選手権大会』(場所:長野県富士見町)。

昨年女子マスターズの部で優勝したクリオシティの「ぐっさん」こと、

辻 瑞穂選手(PAX PROJECT所属)ですが、

なんと今年もやってくれました!!

祝 女子マスターズ 2連覇 !!

凄いですよ、ホント。

女性が元気あると、男性にもいい影響ありますよね。

クリオの男どもは陰練するように。

 

皆さんも、たまには山に入ってマウンテンバイクで走ってみませんか?

しんどいけど、楽しいですよ。

大会のリザルトページ  こちら

ちなみに、昨年の投稿はこちら

フードデリバリーサービスと紹介記事のお知らせ

※ 弊社に関するニュースが出ていたため、 jiji.comのニュースページを抜粋紹介させて頂きます。

http://www.jiji.com/jc/article?k=000000006.000017102&g=prt

 

「厳選レストランの出来たて料理デリバリー“NEW PORT” 横浜を代表するメッセンジャー会社“クリオシティ”との包括的業務提携を結ぶ」

[スカイファーム株式会社]

和・洋・エスニックと幅広いジャンルの出来たて料理をより迅速に届けることが可能に!

オンデマンドフードデリバリー「NEW PORT」の運営会社であるスカイファーム株式会社(本社:神奈川県三浦市、代表取締役:木村拓也)は、横浜を代表するメッセンジャー会社である有限会社クリオシティ (本社:神奈川県横浜市、代表取締役:柳川健一)と横浜における中心区域のマイクロ物流をより活性化させるべく、包括的業務提携を結んだことを発表致しました。


2016年1月より横浜・みなとみらい地区からデリバリー事業を開始し、会議、イベント、勉強会、ランチミーティング、ケータリングの利用だけでなく、宅配型の社員食堂としても厳選されたレストランの出来たて料理を宅配して参りましたが、急増するオーダー数に対応すべく、オンデマンド物流の先駆者であるクリオシティと業務を提携いたします。スカイファーム代表取締役の木村いわく「今回の包括的業務提携により、急増する料理の注文に対応できるだけでなく、食材や生活雑貨など、より広範囲にわたる商品のデリバリーも視野に入れることができた」としています。クリオシティ代表取締役の柳川氏も「新たな需要喚起にも結び付き、IoTの広がりとメッセンジャーの親和性も確かめられ、意義深い」と両社にとってプラスに働いています。これからも2社ともにデリバリー事業をとおして横浜を盛り上げ、この地域にとってなくてはならないサービスを目指します。

◆NEW PORT
https://newport.stores.jp/

◆クリオシティ
http://www.courio-city.com/

NEW PORTとは?
横浜にある素敵なレストランのお食事をテイクアウト宅配するサービス。会議、イベント、勉強会、ミーティング、ケータリングだけでなく、宅配型の社員食堂のようにもお使いいただけます。また飲食店にとっては、おいしいけれど立地が悪く集客に困っている、店内が狭いため本来の厨房キャパシティ以下の来客しか対応できないという課題を解決します。
スタッフが実際に街を歩きながらリサーチし、独自の掲載基準にかなうレストランだけをピックアップし掲載しています。
「あなた」と「素敵なレストラン」を魅力的な街「横浜」で繋げてゆく地域活性化コミュニケーションツール、それがニューポートです。
https://newport.stores.jp/

Nostalgic 2009 のお知らせ

2009年に開催されましたメッセンジャー世界選手権 東京大会の映像を
大スクリーンで見ながら楽しもうというイベントが間もなく開催されます。

ただ昔を懐かしむだけでなく、これからのメッセンジャー業界をどのように進めていったら良いのか、
そのヒントが当時にあるのではないか?など、見る人それぞれの感じ方で楽しんでもらえたらと思います。

2/5日 18時~21時 @六本木 スーパーデラックス (東京都港区西麻布3-1-25 B1F)
スクリーン3発打つので、皆でゆるく楽しみましょう。
それにしても7-8年とは時間掛かりましたね。笑

プロモーション用映像はこちら (18s)

nostalgic 2009 PV

ファッションとキモノとイキモノ展 第二夜

こちら大阪のお知らせになりますが、
阪急うめだ本店 3Fモードフロアにて、
ファッションとキモノとイキモノ展 第二夜 -イキモノの晩餐会-
が、開催されております。
11/16(水)~22(火)
ええ、既に始まっております!

s__105209858

フォトブースの用意もあるそうなので、周りを気にせず楽しんじゃいたいですね。
s__105218051

こちらのメインビジュアルやキャラクターデザインもハイカロさんの担当です。
クリオデザイン事業部、頑張ってますね。笑
このFKI展は今後も続くそうなので、気になる人は要チェックですよ~。

詳細は、HANKYU.MODEさんのページです。

猫の仮面を付けて集まりませんか~

12/2金 19時~ @新宿のルミネゼロにて猫愛家たちの交流イベント
CAT面舞踏会」(きゃめんぶとうかい)があります。

cataball_01

それのメインビジュアルとキャラクターデザインを、クリオシティのデザイン事業部が担当しています。(ハイカロさん、頑張ってますね)

この最高に面白そうな企画、興味を持った猫好きなあなたは是非参加してみて下さいニャー。

詳しくは、FASHION PRESSでも取り上げて頂いていますので、check it.

PEDAL OUT YOKOHAMA -step02-

pedalout2flyer

go out, chill out, paddle out, “PEDAL OUT”!
ということで、街と人と自転車をテーマに交流を目的とした横浜ローカルコミュニティイベント。
この度2回目。
場所は横浜西口、鶴屋町。
企画してくれた皆さん、どうもありがとうございます。

クリオの信長も1930~2030でDJやります。

また、大きなバッグ生地をキャンバスにしたライブペインティングも楽しみです。

なぜ水曜日の夜に開催か??
それは自転車屋さんのお休みが多いから、だそうです!笑
週末開催のイベントには自転車屋さんたちは参加できないですからね。

ぜひ仕事終わりに集まってワイワイ盛り上がりましょう!

詳細は以下フライヤー、およびA ブログより

pedalout2flyerbk

全日本マウンテンバイク選手権大会

7月の3連休に長野県の富士見パノラマで行われた第29回全日本マウンテンバイク選手権大会、
マスターズ部門にクリオシティの「ぐっさん」が参戦してきました。

結果は、、、部門1位!
優勝!! ということで表彰台に上ってきましたので、
ここにお知らせしたいと思います。^^

001

002

カテゴリー別ではあるものの、1位は1位ですからね!
おめでとうございます!!

今後の活躍も楽しみですね。

夏も本番、皆さんも自転車に乗って出掛けませんか?

メッセンジャーの世界大会の映像

現在、懐かしの映像として撮り溜まってしまっている2009年のメッセンジャー世界選手権大会(CMWC)を中心に当時の秘蔵映像を編集し直しているのですが、ようやくお台場でのメインレース予選の編集がまとまりました。(シーン9とシーン10)

インタビューでは、クリオシティのメッセンジャーもチラホラ登場しています。

Scenes of MSGR では、2009年のメッセンジャーシーンを一つずつ切り取り、不定期にアップしていっています。

87犬のウンチクと共に、「 A 」の読み物ページでアップしていますので、興味のある方はどうぞ。

 

以下、シーン9のコメントを抜粋。

scene09

 

メッセンジャーのメインレース。

会社を模したチェックポイントがコース上にいくつも散らばっており、そこから荷物をピックアップし、伝票に書かれたチェックポイントまでデ リバリーする。スタート時に渡される大量の伝票と地図を照らし合わせながらデリバリー順をプラン立て、自分のペースでコース上に飛び出していく。

コースは広い会場を街と同じく迷路のようにレイアウトされ、衝突事故を防ぐため基本的には一方通行となっている。
そのため分岐点で誤った方に進んでしまうと後には戻れず、またぐるりと周回しなければならないため、一瞬の判断ミスで大きなタイムロスとなってしまう。

オーダーによって荷物の個数や荷姿、大きさも様々で、30分以内に届ければ問題ないものもあれば、引取りから5分以内に届けなければならない大至急のものも出てきたりする。
立ち寄った所では、できるだけ荷物の引取りとお届けを同時にこなした方が効率は良く、選手たちは走りながら頭をフル回転させながら走り続ける。

予選は全員同じ数のデリバリーをこなすが順番に指定はないため、最も早く終わるデリバリー順を自分で考えて全てのデリバリーを完了させ、ゴールに戻ったタイムを競う。一つ一つには制限時間があるため一つの荷物でもタイムリミットを外してしまうと予選落ちとなってしまう。

自転車のロードレースや数ある自転車競技の中で、メッセンジャーのレースが他のレースと異なるのは、こうした走るだけではない本来の業務に即した勝つためのエッセンスが必要となるところだ。

メインレースはたっぷりと、前編後編に分けてお送りしましょう。

========================

 

シーン10のコメント抜粋。

冒頭のインタビューにある通り、お台場フジテレビ前のエリアを借り切って、公道を使ってメッセンジャーのレースを開催できたということに、改めて実行委員会のご苦労を労いたい。
あれからもう7年も経とうとしているが、本当に手作りのイベントの中で最高のイベントだった。

幾つかのインタビューの中で、印象深いコメントを残している人がいる。レース後にピンクの愛車を掃除していたクリオシティのJAG(ジャージ)だ。
彼は言っている。
「自転車をちゃんと愛してあげれば、その分自転車は応えてくれる」
彼はこの後のメインレース決勝でも、その言葉通りとんでもないパフォーマンスを発揮する。
また、10年以上も走り続けているキャリアの中で、一度も交通事故に遭っていないという事実も、愛されている自転車からのお返しということなのかもしれない。
参加者達から時折聞こえる意義深い言葉もまた、興味深い。

今回は、通常のメインレースと同時にカーゴレースの予選も行われた。
カーゴレースとは、大きな荷物を運べるタイプの自転車で競うもの。
カーゴバイクには大きく分けて2タイプあり、一つはハンドルより前に荷台があるタイプ。
もう一つはサドルよりも後ろに積むタイプ。中にはアタッチメントで本体に固定してキャリアを引っ張るトレーラータイプのものもある。
海外のメッセンジャーの中には、カーゴデリバリーを主な仕事にしている人も多く、彼らはCMWCでのカーゴレースを特に楽しみにしている。

そして、予選をほぼノーミスで通過した上位者たちによる翌日の決勝レースへと続く。

映像はこちら

デザイン部からのお知らせ

既に始まっていて少し遅れた告知になりますが、

「ハイカロリイオトメ」が伊勢丹新宿店の合同展に参加させていただいております。

キモノにご興味のある方もない方も、これを機会に新宿へGO!

ファッションとキモノとイキモノ展

伊勢丹新宿店 2階のTOKYO解放区

AGURI SAGIMORI / CHOKO / ハセガワ アヤ / ハイカロリイオトメ

2016.1.20 ~ 2016.1.26

S__55107589

S__55107586

 

S__55107588

この会場装飾の作画にも参加しています。

S__55107587

 

詳しくはこちらのニュースページを。

http://www.fashionsnap.com/news/2016-01-16/kimonoten/