次の募金活動は7月3日(日)!

6月26日日曜日に、弊社スタッフのワンチャポ友人の呼び掛けにより
横浜駅相鉄口ジョイナス前にて、東北復興支援の募金活動を行いました。
クリオからはカフーやパパスも参加し、
3時間程度の活動でしたが、10万6902円が集まったそうです。
こちらの義援金は、すべて日本赤十字社へ振り込まれました。
null
左から、カフー、パパス、そして旗を持っているのがワンチャポ。
null
活動された皆さん、暑い中お疲れ様でした!
以前は渋谷や上野駅前でも募金活動をやってきたそうで、
累計にすると25万円も集められたとか。
ホントに頭が下がります。
次回は7月3日の今週日曜日!
15時?18時
場所は同じく、横浜駅相鉄口ジョイナス前。
いい経験と思って腰を上げる人、募集中です!
募金してくれる方も、募集中です。
被災地に行って活動するだけが復興支援というわけではなく、
自分の生活圏の中でも、各自がやれることをやって
少しでも続けていかれたらいいですよね。

海外レポート Vol.1 出発ドタバタ編

ヤナ犬です。

もう半年以上も経ちますが、最近ようやく時間が取れたので昨年の海外遠征レポートを
書こうと思います。
昨年の9月に、中米グアテマラで開かれたメッセンジャーの世界大会に参加してきました。
2003年のシアトル大会以来、7年ぶりの参加です。
その途上、ロサンゼルス(L.A.)にも4日間立ち寄り、向こうのメッセンジャー連中と
過ごしてきたので、その辺も含めて小旅行記みたいに紹介していきます。

Vol.1 出発ドタバタ編

null
そもそも2週間も仕事から離れること自体、独立開業7年目にして初めてのことだったので、
出発前は2週間分の仕事も前倒しで行うため、かなりドッタバタだった。
だからなのか、出発直前の成田空港で気付いたが、財布がない。
防犯対策で1万円札とクレジットカード2枚だけをポケットに入れて、
財布と分けて保管するつもりが、肝心の財布を忘れてきてしまった。
しかも、そのクレジットカードはキャッシング機能がないため、
いろんなATMでトライしてみたが、やっぱりお金が借りられない。
段々と青ざめてくる…。
null
航空券とパスポートはあるので出発自体に問題はないとしても、
所持金1万円だけで果たして2週間もやっていけるんだろうか。
「こういう時こそ、メッセンジャーに頼ろう!」と思ったが、
仮に空を飛んできたとしても時間が足りない…。
「なんかの深夜番組の企画みたい」などと思いつつ、一路LAへ発った。
飛行機の中―。
「どう考えてもショートするよなぁ。
どうする?どうやって切り抜ける?
落ち着け、落ち着け…。」
「LAのメッセンジャーに借りようか。
でも、会って早々に「金貸して」はないだろう。さすがに失礼だよなぁ。
とりあえず、クレジットカードはあるから買い物はできる。
だからアメリカにいる間は大丈夫だろう。
問題はグアテマラだ。
カードだけで1週間以上過ごせるとは思えない。
ってことは、アメリカにいる4日間のうちに、現金を手に入れないといけない。」
「考えてみると、カードで何か魅力的なものを買って、それを売れば現金は手に入る。
それって何だ? タバコ?ビール?
金額が小さいと、売れずにあげることになるんじゃないか?
先にモノを買ってから売ろうとすると、売れ残る可能性もあるから、
買おうとしている人がレジで精算する時に上手く間に入れれば、リスクはなくなるかな。
家電とかだったら、一回成功すれば解決しそう。
しかし、怪しまれないか?
自転車繋がりを生かして、自転車屋さんで自転車を買う人に交渉してみたらどうか?
それなら何となく自然な気がする。
よし、それでいこう。」
null
窓の外を見ながらそんな作戦を立てつつ、あっという間にLAに到着。
1万円札をさっそくドルに替える。120ドル以上になり、時代の流れを感じる。得した気分。
さっそく泊めてもらう予定のメッセンジャーのIggy(イギー)に電話してみる。
別のメッセンジャーの友人が宿泊先を手配してくれたので、Iggyと話すのはこれが初めて。
名前からして出身はどこの国の人だ? ていうか男か?女か?
出てみると、おじさん風の声。
とても陽気で親切な人っぽい。ひとまず安心。
出発の際、成田空港で海外でも使えるケータイを借りてきて良かった。
支払いは後日ドコモの通話料とセットだって。お金持ってないから、すごく助かる。
指示のあったユニオンステーションまでバスに乗ったが、
ドライバーの黒人のお姉さんが、喋るようにホーンを鳴らしまくるあたり、さすがアメリカ。
こんなに鳴らしまくってていいのか?
しかも笑顔で。
ビルもいちいちアメリカンサイズで、高いというよりデカい。
null
そんな観光気分もつかの間、肝心のポケット辞書も忘れてきたことに気が付く。
まったく、大丈夫か?自分。
開き直るしかない。
もう、どうにかなるでしょう。
バスを降りて、しばらくIggyを待っていると、メキシカン風のおばあさんがやってきて、
バスに乗るお金がないから75セントちょうだい、と言ってきた。
英語が分からないフリをしてみたが、何度も聞いてくるので1ドル札を渡した。
「あなた、日本人?」
「Yes, 僕もお金そんなに持ってないんだけど…。」
「どうもありがとう。」
なんかアメリカに来たって感じだなぁ。
そうこうしているうちに、Iggyの車がやってきた。
(続く)