Bang-King2012 Final Day

さあ、Bang-King2012レポートも最終回を迎えました。
ケイリン決勝とBang-King最終日の熱気をお伝えしてまいります!
2日目の朝、名古屋スタッフが参加者に用意してくれていたのはお手製のサンドウィッチ。
参加者はしっかり栄養をつけて、残るケイリン予選3ブロック目のレースに望みました。
この時点でケイリン決勝の切符を手にしたのは6名の選手。
そのうちクリオシティからは「ホッピー」と「パッション」。
実はこの2人、普段の業務で自転車に乗るだけでは飽き足らず、
休日にはバンク走行の練習会に行くほどの、無類のバンク好き。
このBang-Kingでも常連となっている強者なんです。
パッション
20121218-passion.jpg
Photo by MAEKAWA
ホッピー
20121218-jiro.jpg
Photo by MAEKAWA
そんな2人を含む6名が順等に決勝への駒を進める中、ポイント数の関係から残り2人の枠が決まらないまま予選が全て終了しました。
そこで、急遽ケイリン決勝残りの2枠をかけた敗者復活レースが行われることに!!
そこになんと私パパスも選ばれ、決勝への挑戦権をゲット!!!
まさかの展開に少々戸惑いつつも、いざレースとなると集中は最高潮に!
20121218-________.jpg
Photo by MAEKAWA
20121218-__________.jpg
Photo by MAEKAWA
20121218-haisya.jpg
Photo by MAEKAWA
あっという間の4周回でした。
結果は3位に僅差で及ばずの4位と、健闘しつつも決勝進出はならず、本当に力の差を感じたレースとなりました。
勝負の世界では、練習の積み重ねは嘘をつきません。
そしてこのレースで決勝への切符を手にしたのは、このBang-Kingへ向けて心身共に鍛え上げてきたチームCRC(circlesの自転車チーム)の「オッチーさん」と「佐藤さん」。
既に決勝行きを決めていた6人に、彼ら2人を加えて遂に男子ケイリン決勝の役者が出揃いました。
20121218-final1.jpg
さて、男子ケイリン決勝の結果の前に今回クリオシティ勢の中で一番の活躍をみせた紅一点「おやつ」にクローズアップしたいと思います!
男子ケイリン決勝前の女子ケイリン決勝に出場した「おやつ」。
なんと彼女はバンク初心者でBang-King初参加にも関わらず、
女子ケイリンで優勝してしまったんです!!!
20121218-womfinal1.jpg
Photo by MAEKAWA
20121218-womfinal2.jpg
Photo by MAEKAWA
20121218-womfinal3.jpg
Photo by MAEKAWA
普段メッセンジャーとして鍛えた足腰は伊達じゃなかった!!
最終コーナーを抜けた時点で他の選手を圧倒する走りで、みごと優勝をさらったのです。
本当に大大大健闘!男子決勝前に出場するクリオシティの2人にも期待が膨らみます。
そして始まった男子ケイリン決勝。
それまでの賑やかさが嘘のように緊迫した空気が流れる中、レースはスタート!
20121218-fainal1-1.jpg
Photo by MAEKAWA
20121218-final2.jpg
Photo by MAEKAWA
カーン、カーン、カンカンカン……..
レースは進み残り1周半の鐘が鳴り響きます!
20121218-7888988844_3446af8bd0.jpg
Photo by MAEKAWA
この決勝レースの模様はこのBang-Kingレポートの第1回目の冒頭でお知らせした剣持涼太さんによる動画の”6:14”辺りに記録されています。
あの緊張感をしっかり伝える剣持さんの映像に脱帽です。
そして肝心の結果はというと、メッセンジャーでも名古屋のレーシングチームでもなく、個人参加の自転車愛好家「カタオさん」が優勝という結果に!
20121218-final3.jpg
Photo by MAEKAWA
20121218-final4katao.jpg
Photo by MAEKAWA
そうです。
このイベントはこれがあるから面白い!
普段は同じコミュニティーに属さない人でも参加でき、しかも勝ちに行ける、そしてそれをみんなで祝福できる。そこから新たな繋がりが生まれていくというものすごくポジティブな連鎖が生まれているんです!
それがBang-Kingなんですね!
もーー、最高です!!
そんな最高なBang-King2012も終わりを迎えます。
表彰式で、もちろん「おやつ」は表彰台のテッペン!
チャンピオンジャージに袖を通し最高の笑顔!!!
20121218-7889896742_0a79aae953.jpg
Photo by MAEKAWA
そして、ケイリンの合間に行われていた”Uchinada”という
Bang-Kingオリジナルのチーム形式のレースでは「パパス」「ホッピー」「のやぎ」のクリオシティチームが優勝!
しっかり表彰台に登ってきました。
20121218-uchinada.jpg
Photo by MAEKAWA
20121218-pick.jpg
Photo by MAEKAWA
20121218-uchinada2.jpg
Photo by MAEKAWA
20121218-uchinadafinal.jpg
Photo by MAEKAWA
自転車関連のイベントは数あれど、ここまで皆が心待ちにしていて、実際に楽しんでいるイベントは中々無いのではないでしょうか?
異なるコミュニティーに属しながらも”自転車”というツールをフル活用してどんな人でも巻き込んでいく、「イズルさん」や「Circles」を中心とした名古屋の自転車コミュニティーは色々な部分で参考になります。
Bang-Kingから2ヶ月が過ぎ、この記事を書いている今この瞬間にも
それは成長しているようです。
自転車好きなら「すぐに名古屋!すぐにCircles!すぐにデイジーメッセンジャー!
そして来年のBang-Kingへ!」
20121218-zentai.jpg
Photo by MAEKAWA
これを読んでいただいた皆さんも、来年はいかかですか?
PPS
circles : http://www.circles-jp.com
デイジーメッセンジャー : http://daisy-messenger.com
Bang-King : http://bang-king.com
P.S. 名古屋の自転車コミュニティーが今も成長中と書きましたが、
まさに12/21(金)からBang-King2012にも参加していた「大平恵太さん」が自転車店circlesの1Fにて美味しい朝ご飯を提供するという新たな挑戦を始めるようです。
気になる方はこちらのリンクもチェックしてみて下さい。
EARLY BIRDS -BREAKFAST- : earlybirds-breakfast.tumblr.com/

Bang-King 2012 Day1 part2

さて、Bang-King2012レポート3回目、始まります。
まずは前回に引き続き男子ケイリン予選の模様をお伝えします。
前置きしておくと実はこの競輪という競技、発車の合図とともに一斉にガチンコスタートとは行かないんです。
なぜなら最後の一周半まではペーサーという全体のペースを作る車両が入り、それを追い抜いてはならないからです。
そこで選手達ははじめの二周半で鐘(ジャン)が鳴ってからの一周半をベストな位置にいられるよう位置取り合戦を行います。先頭が必ずしも有利な訳ではなく、自分の力と周りの選手の力を比較して最適な位置の取り合いをするわけです。
20121214-________.jpg
Photo by MAEKAWA
そしてこのレースではクリオシティのメッセンジャーがレースを牽引し、先頭「パッション」、二番手「パパス」、三番「のやぎ」、続いて名古屋デイジーメッセンジャーの三名が続く形で鐘を迎えました。
位置取りどおりに最終コーナーへ突入する選手達!!
ですが最後の一瞬までわかりません、そして最初にゴールに飛び込んだのは。。。
1位「パッション」、2位「パパス」、3位「のやぎ」、それに続いてデイジーメッセンジャーの面々という結果に!
なんとクリオシティ勢で1・2・3フィニッシュです。
これには社長の「やなけん」含むクリオシティ勢は大盛り上がり!
このレースを皮切りにクリオシティ勢は皆、予想以上の好成績で一日目の予選を終えました。
20121214-______________.jpg
Photo by MAEKAWA
20121214-________pps.jpg
Photo by MAEKAWA
そしてその夜、レースで疲れた身体で向かう先は会場近くの浜辺。
毎年恒例となっている”バーベキュー”が開催されるのです。
このバーベキューを主目的に毎年参加している人もいるほどで、参加者の間では影のメインイベントとも言われています。
夕陽に染められた浜辺は最高のロケーション。
そして、大量のお肉に野菜にビールが山ほど!!!
そこにたくさんの仲間が居るとなれば楽しくないはずがない!
20121214-____.jpg
Photo by MAEKAWA
お酒も入って、普段なかなか接点の無い人同士、メッセンジャーも自転車店スタッフも
自転車愛好家も初めましての挨拶もそこそこにどんちゃん騒ぎ!
初参加の僕も、なんだか我が家に帰ってきたような暖かい雰囲気に感動しました。
もちろんBank-Kingはバンクレースのイベントですが、こうしてレースに参加していない人も楽しめるコンテンツが用意されており、しかもそれが影のメインイベントと言われるほど
盛り上がりをみせているのは、イベントとして本当に完成されている印象を受けました。
それもこれも、デイジーメッセンジャーのイズルさんや名古屋の自転車店「Circles」を中心とする
しっかりとした名古屋の自転車コミュニティーがあるからなんだと改めて感じ、
これこそが名古屋のみんなが作り上げてきたカタチなんだと思いました。
そんな最高の気持ちのまま夜もふけ、皆明日のレースに備えて帰路について行きました。
20121214-bbq3.jpg
Photo by MAEKAWA
20121214-bbq2.jpg
Photo by MAEKAWA
20121214-bbq.jpg
Photo by MAEKAWA
さて、次回は遂にBang-King最終日!!
大一番のケイリン決勝に続く模様をお届けします。
今年のBang-Kingチャンピオンの称号は誰の手に!??
20121214-__________.jpg
Photo by MAEKAWA
乞うご期待!
PPS