ECMC2008 Paris 3日目

PANAM・EXPERTENCE
レースの日
null
パリらしく朝から蚤の市へ。
null
女子らしく古いお皿やクロスの売ってる蚤の市でお買い物。
あれ・・・何か様子が違う
null
大量のスニーカー(本物?)
null
クリアケースって!
バザー??
そもそも不良の匂いのするホテル周辺で済ませようとしたのがいけなかった。
でもこれがある意味ホントのパリなんじゃないかとちょっと思う。そりゃガイドブックの写真の様なキレイな物ばかりじゃないですよね。
で、気を取り直して出発といきたいところがこの後更なるダークな空気にのみこまれることに。
この蚤の市のすぐ横で自転車と車の事故が発生。大量に頭から血を流た人が倒れてる。現場は騒然。
目撃した私はしばしベンチで休憩。ふー。これからレースなんですけど。
これも気をつけようってことなのねと前向きに再出発。
null
ルーブルです。一応押さえておかなければと。
null
ドラゴンアッシュのアレ。
nullnull
有名なあの人と取り囲む群衆。
null
ヴィーナスの背後からパチリ。
なんておなかいっぱい観光してたらレースの集合時間に。
null
null
いつものメッセンジャーイベントらしくのんびり時間も押しつつ始まるのかと思ったら時間通り容赦なくスターット!!
まだチェックポイントがどこかすら見てないのにー。
仕方ないので消去方で分かりやすい所だけ回る。
null
えっこのグミ食べなきゃ次のチェックポイント行けないの?黒いのはサルミアッキと言って日本語では表現し難い味がします。。
「パリは全ての通りに名前ついているから迷うことはありません」って某ガイドブックに書いてあったけど通りがありすぎて地図から名前を見つけるのに一苦労。さらに数あるロータリーから放射線状に道が伸びてるのでロータリー一周したら・・・あれ?どっちだっけってなります。
null
でも道行く景色は最高。
そしてゴールは街の外れの森の中
nullnull
ここではトラックスタンドやスッキッドが行われました。車もめったに通らないのでのーんびり。
そしてここで新たに3人の日本人に出会いました。
nullnull
3人は皆、ここパリで働いてる人達。それぞれが自転車を通してパリのメッセンジャーやその仲間と出会い繋がったそうです。
他国のメッセンジャーとの出会いだけでなくこの3人との出会いも大きな刺激になりました。日本とは違う環境でそれぞれ手に職を持ち暮らしているって簡単じゃないよなぁ。
そして自転車を通して現地の人と繋がるのっていいよなぁ。
単純な様だけど単純じゃない気持ちが充満してました。
そしてこの熱い気持ちのまま日本代表4名でラーメン食べに行きました。
いい夜だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です