行くぞ仙台!改め、戻るぞ横浜!

87犬です。

6月初旬のある定例MTGにて―。

話題は7月末のメッセンジャーレースに勝つために、どう臨むべきか?にシフトしていた。

(残念ながら、このレース自体は現在、開催するかどうか協議中。。。)

この問いには、昨年の世界大会直前に行われた草レースが参考となった。

最後の優勝争いに残った3選手を見て、周囲は騒然とした。
3人とも、京都から東京までの500kmの移動を自走してきた連中で、つい先ほどゴールしたばかりだったからだ。

京都 to 東京

それから皆が口にするようになった。

「やっぱり長距離を踏んだ奴は強くなる!」

「街をちょこちょこ走ってても急なパワーアップは期待できない」

、、、ということで、

「一皮剥けるために、長い距離を踏もう!ロングライドだ!」ということになり、
「目的地の方向は北に取って、仙台!」ということになった。

横浜―仙台は約400km。ちょうどいい。

日程は、7月の3連休(土日月)を利用することになったが、
18日の日曜の夜には横浜港の花火大会が復活することを後で知り、

この花火大会は見たい!ってことになり、
急遽ルートを逆向きに変更した。

予定では、金曜の業務終了後に夜行バスに乗って仙台へ向かい、土曜の早朝にスタートし、
日曜の花火打ち上げまでには戻ろう、というプランだ。

ゴール後のフィナーレに、「でっかい花火と友人たちからの祝福(勝手なイメージ)」
も悪くないだろう、と。

3連休なら最終日はゆっくり休んで、翌日からのデリバリーに備えられるだろう、と。

仙台でもどうやらやっているらしい同業のメッセンジャーたちと交流を図る、
という目的は、また次回に持ち越された。

次に、「ルートはどこを走る?」という話しになり、
見たところ国道4号ルートと国道6号ルートに大別できそうで、
どちらも距離に大差がないことも分かった。

「じゃあ、どっちの道が早いのか、2チームに分かれて競争して答えを出そう!」

ということで、2チームによるチキチキレースになった。(鉄腕DASHか?)

仙台 to 横浜 ルート4 or ルート6

ここまでの企画で、社内で公募。

新旧のメッセンジャー7名がエントリー。加えて親しい知人が3名。

最後のワイルドカードに、クーリエ代表、石出さんの飛び入り参加も決まった。

石出さん(Katzさん)は、過去、NY―フィラデルフィアや、ポートランド―シアトル
などを自転車で移動したことがあり、距離に対する免疫はできている。

頼もしい限り。

どのようにチーム分けを行うか、MTGで話し合った末、クリオ代表の柳川と、
昨年の世界大会で決勝5位の好成績を収めたジャージ選手の2名を
各チームのキャプテンに置き、ドラフト会議にてチームを決定しよう、ということに。

そして6月某日、緊張に包まれたドラフト会議が行われ、2チームがそれぞれ決定した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です