続・海外レポート Vol.2 BFF LA編 (去年のですが…)

時間が経っちゃいましたが、、、ちょっとした連載読みものです。
Vol.1 「出発ドタバタ編」
————-
Iggy(イギー)は随分と日焼けしていて、愛嬌たっぷりのメキシカンだった。
胸板も厚く、筋肉隆々だ。
以前はムエタイの選手だったそうで、ケガで選手生活を断念しメッセンジャーの道に入ったそうだ。
null
Iggy「LAへようこそ!ちょうど今BFFが開催中で、みんな映画館に集まってる。
午後からライディングイベントもあるから、荷物を置いたら行こうぜ!」
Ken「BFFって、Bicycle Film Festivalのこと?」
I「そうだよ。ケンは知ってるか? 俺はBFFの運営も手伝っているんだ。
色んな自転車の映画を見たり、ライディングも、アートショーもあったりするんだ。
日本でもやってるか?」
驚いた。
まさかBFFの日と重なってたなんて。その日はLabor dayで祝日だった。
しかも、メッセンジャーのIggyもBFFのスタッフをしていた。
盛り上がって来たなー!!
K「BFFなら東京でもやってるよ。自分もBFF東京スタッフの一人で、
日本語の字幕付けなどを手伝ってる。
実は、自分も関係している映像作品がエントリーされてるから、
LAのプログラムにも入ってるかも。」
I「え、マジで? どんな作品?」
K「Bicycle Parts Butterflyっていうタイトルで、自転車パーツのからくり装置のやつ」
2009年の濱バイクの時にクリオシティのメッセンジャーたちが中心となって挑戦し、計画から作品完成までに11ヶ月を要したドキュメンタリー映像だ。
I「あ、それ確かさっきやってたぞ。けっこう拍手が起こってた。
なんだ、知ってるも何も、既にエントリーしてるんじゃないか。
すげーな。会えて嬉しいよ。」
K「こちらこそ、見てもらえて嬉しいよ。」
彼の部屋に荷物を置いて、さっそく上映会場へ。
null
null
null
null
BFF東京には2005年から6年間も関わってきているというのに、
実は海外のBFFには一度も来たことがなかったので、とても新鮮だった。
(2011年のBFFは、先週NYの開催が終わったところで、東京開催は 8月26日?28日に
青山で行われる予定だ。)
会場は既に8割方の席が埋まっていて、一番上の端あたりにIggyと座った。
さすがアメリカで、始まる前からまったく騒々しい。
やっぱりこの空気感が最高なんだよなぁ。自転車好きで集まってさ。
少しすると、主宰のブレント・バーバーが登場。
東京でやる時より挨拶も饒舌だ。
null
まさか自分が会場にいるとは思ってもいないだろうな。
なんか潜入調査みたいで楽しい。
それにしても観客のテンションがすごい。
のっけからヒートアップしていて、まるで動物園のよう。これぞBFFだ。
国民性の違いもあるだろうが、東京もこうでありたい。
BFFは、大人しく見るようなものではない。
作品の力で見入ってしまうのは良いとしても、基本的には突っ込みを入れたり、
笑うところでは爆笑したり、知ってる人が出てくればそれを野次ったり。
そういう空気感がBFFの持つ魅力だ。だからこそ行きたくなる。
半分は作品見たさ、もう半分は楽しい雰囲気を共有したいから、というのが
正しいBFFの楽しみ方なんだと思う。
トレーラーが流れたあと、最初の作品が始まった。
だが、12時間近いフライトの後だったので、10分も掛からず寝入ってしまった。
拍手で気付くと、会場はもう明るかった。
残念!
その後、向かいの広場ではBMXやピストのトリックイベントなどが行われていた。
すごい数の人が集まっていたが、今のような自転車熱がLAで本格的に始まったのは
去年(09年)くらいからだという。
null
null
null
null
null
その広場の一角でブレントに再会。
「なんてこったい!なぜお前がここにいるんだ!」と、とても驚いていて面白かった。
その夜は、上映会場の屋上にてアフターパーティー。
LAの自転車コミュニティは、老若男女、色んな人が混ざり合っていて、
みんな知り合いのようで素敵だった。
メッセンジャーも数多く来ていて、出身が地元アメリカの他、エルサルバドル、
メキシコ、ベネズエラ、グアテマラ、そして日本と、
「随分ワールドワイドだなあ!」なんて話で盛り上がったり。
null
そこでイギーから興味深い話を聞いた。
LAでは、自転車コミュニティの繋がりで毎週水曜夜に集まり、
ダウンタウンのホームレスたちにブリトーを配る、という活動をしているという。
その活動は街のいろんな人たちからの協力もあり、レストランが食材を、
自転車ショップがその活動費用を、コーヒーショップもカンパで支えてくれ、
少ない時で8人、多い時は50人以上のボランティアが集まって300個のブリトーを作り、
メッセンジャーバッグをパンパンにして届けているんだとか。
I 「確かに作れるブリトーの数も増えてきたけど、いつも配り終えた時は
もっと作ってくれば良かったと、後悔するのさ。
これで十分なんて思えたことは一度もない」と。
活動は今年で丸5年になり、イギーはその最初から参加しているという。
I「始めた頃は、ブリトーを渡しても警戒する人がけっこういたけど、
今では毎週水曜を楽しみにしている人がたくさんいるんだ。」
実は、その活動を紹介した「 Hunger In The City 」というドキュメンタリー作品が
2006年のBFF東京でも上映され、当時自分はそれを見てすごく感銘を受けていた。
まさか、Iggyがその作品に出ていたとは!
K 「それを聞けて、すっごく感動した!
『Hunger in the city』に出ていたメンバーに会えるなんて。
こちらこそ光栄だよ!」
すごく嬉しかったし、活動について色々と聞かせてもらえた。
( 続く )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です