ひのりごと 19

20130529-221400.jpg

昨日の業務終了後、面白いイベントに参加してきました。

「昔のグルメガイドで行く今日の晩ごはん」

昔のグルメガイドを頼りに、自転車でごはんを食べにいくというイベントです。

タイトルだけでワクワクします。

 

先ず、二、三十年前のグルメガイドを開いて、参加者みんなでお店を決めました。

ガイドには霞町、田村町…と、もう存在しない番地も出てきます。

ちなみに、霞町は西麻布、田村町は西新橋のこと。今でも古いビル名に使われていたりするので分かりました。(得意気)

色々な候補が出て、決まったのは西新橋の「酸辣湯」がオススメのお店。

ゴクリ…。

もう、この時点でお腹ペコペコです。

 

目的地にみんなで自転車で向かいます。

近づくにつれ、どんなお店だろう?と、期待は高まります。

と、同時にまだあるのかな?と、不安も高まります。

 

西新橋一丁目の降板交番前。

記載の住所に着きました。

あ、、

あれ…

無い!無かった~!!

ドーンと、某企業のビルが建っていました…。

作戦練り直し。
二番目の候補に上がっていた、すぐ近くの、「釜飯が美味しい」と書かれたお店に変更です。

ドキドキ。

これも無かったら、さすがにがっかりだなぁ…と、思いながらの移動。

この辺かな?あ、あれ?アレ…?

あーっ!あった!!!

店構えは新しくなっていたけどありました!良かった~!

 

早速、注文。

お店の方に昔のグルメガイドを見せて、どれが今のメニューに該当するのか確認して、五目釜飯を頼みました。

お店の方も、初めて見たその本にチョットびっくりの様子。

釜飯が炊き上がるまで、今回のガイド役でライターの地主恵亮さんに色々伺いました。

(地主さん、「昔のグルメガイドで東京おのぼり観光」という本を出されています!)

興味深い事に「昔から続いているお店は、少しずつ味を変えながら営業を続けているお店が意外と多い。」のだそうです。

へーーー!

 

そんな楽しい話しを聞きながら、いつもと違う感覚で美味しい釜飯を食べ終え、イベントは終了。

 

メッセンジャーはよく、仕事で走る為に地図を覚えていく事をパズルに例えて、「バラバラのピースが少しずつ繋がって一つの地図になる」と言いますが、

地図がしっかり頭に入った状態で街を走ると、だんだんとその街の事が見えてきます。そうして気になった場所や建物を調べてみると、意外な発見があったりして面白いです。

最近では八重洲の鍛冶橋交差点が、皇居のお堀だったその場所を行き場のない戦災瓦礫を埋めて出来たものだと知って驚きました。

 

その場所の「時間」を知ると、街が立体的に見えてきます。

 

あぁ、とても楽しい時間でした。