ひのりごと 23

梅雨間の日差しの強い昼下がり、芝浦の大きな建設現場の狭い脇道。
真っ白な日傘をさした4、5人のおばちゃん達が歩くのを、後ろから見守りながら(追い越し不可能)ゆっくりと走っていました。
ここに何ができるのか気になるおばちゃん達。
一人が工事概要の書かれた掲示板をじっと見つめます。
そして…
「色々できるみたい。色々!」
「あ~、そう!」
と、他のおばちゃん達は素直に頷く。
なんという情報処理能力。ばっさりと細かい情報を切り捨てました。
雑然とした情報が多い時代をたくましく生きる為に必要な能力なんでしょうか。

話変わりまして、先日の事。
同じく芝浦に頻繁に行くビルがあります。
最近そのビルの隣に新しく居酒屋ができました。見た目はよくある安い居酒屋。
ある日そこに列ができていました。恐らくランチ営業の開店前。シートを敷いて陣取りしてる人も。
何だろう?と思いつつもこの日だけの特別かな?とその場を去りました。
そしてまた別の日、やはり並んでいます。
もしかしたらそこに美味しい何かがあるのかもしれない!と思うと気になってしかたなくて、、とうとう列に並ぶ人に声を掛けました。
「あ、あの何に並んでるんですか?」
「オガサワラマルのチケットだよ。ランチじゃないよ。」
ん?
オガサワラマル…?
あ…小笠原丸!
(しかも聞いてないのにランチじゃないって言われた!恥ずかしい!先にもらっていた居酒屋の案内を後ろにそっと隠しました。)
居酒屋のあるビルに、小笠原海運という会社が入っていて、小笠原諸島に行く船のチケットを直接購入できるそうです。
意外すぎる答えにびっくりしましたが、急に小笠原諸島に興味が湧いてきました。
美味しいものではなかったのは多少残念でしたが。

走っていて気になるものがあったら、こんな風に直接聞いてみたり、後から調べてみたりします。
調べてから行くのも楽しいけど、目で見てから自分の感覚で気になったものを調べて自分なりに知識を収集、蓄積するのもなかなか楽しいです。
自分の中に作るスクラップブックみたいなもの。

こうして無駄な知識は溜まっていき、おばちゃんのようにばっさり情報処理ができないので、たくましく生きるにはまだまだ時間がかかりそうですが、スクラップブックから本当に自分の好きなものが見えてくる時は来ると思います。