ひのりごと 28

10月18日、15:08。
馬場先門の交差点。

偶然出会った同僚、Pさんから大福を授かる。
普段バラバラに走っている同僚と、こうして街の中ですれ違うことがよくあります。
大福は午前中のピックのヘルプのお礼だって。
「ハハハ!ちょうど持ってたからさ。」と、言いながら走り去るPさん。
(ハハハは私の中で付け足されたイメージです。)
交差点に秋風より爽やかな風が吹く。
私が好きな、昭和の少女漫画なら確実に恋が始まるワンシーンです。
今は平成、私三十代なので冷静に受け止めますが。

というか!
午前中荷物をパスした時に、ごそごそとバッグの中をさぐり、何かを渡してきそうな気配があったから、急いでるふりして逃げたのに!(実際急いでた。)
こんな微々たるヘルプでお礼されたら面目ないと思ったので。
しかしPさんの優しさから逃れるのは至難の技なのでした。

ごちそうさまでした。
Pさんがたまたま持ってるものって、だいたいすごく美味しいのです。

20131019-115618.jpg