ひのりごと 29

昨日のお昼過ぎ。
空が突然真っ暗になりました。同時に強風が吹き荒れ、どしゃ降り。
少しずつ天気は回復したものの、そのまま空気は冬に入れ替わり。
劇の暗転の様な季節の変わり目でした。

というわけで、すっかり冬の空気です。

嬉しい。
冬が大好きです。

厚い雲からたまに注がれる黄色い光。
メッセンジャーバックの重みで、背中に貼ったカイロの温もりを感じる瞬間。
ネックウォーマーにすっぽりと顔を埋める心地よさ。
暖かい部屋で、温かいごはんを食べる自分を想像しながら走る夕暮れ。

冬ってロマンチック。私ロマンチスト。

そして、もう夏の暑さ、辛さは思い出せません。
辛かったよなぁ…と、脳のどこかに集中して、思い出そうとしてもあの瞬間の暑さは戻らず。
でもこうして、季節ごとの暑さ、寒さを忘れるから、来年もまたメッセンジャーができるんだろうなと思います。
上手くできてますね。

ちょっと別の話になりますが、
真冬の雨の日に、「この辛さに比べればどんなことも乗り越えられるだろう」と、走りながら思います。
でも、実際に別の辛いことに直面した時は、「あの辛さより辛い。あんな雨なんかたいしたことない。」と、よく思います。(メンタル弱いです。)
全然上手くできてませんね。

でも、その辛さと毎度毎度向き合っていくことで人は成長するんだなと思います。
えー…、なんの話をしてるのかって感じなのですが、最近もそんなことがありまして、逃げなくて良かったな。私頑張ったなと思う今日この頃なのです。

不器用なので日々色んな事に悩んだり向き合ったりですが、そんな時にきりっとした冬の空気の中を走ると気持ちもシャキッとします。
やっぱり冬が好きです。