ひのりごと 再会 

温泉の脱衣所のドライヤーに十円玉を入れた。

なのに動かぬドライヤー。硬貨が詰まっていることに気がついて、持っていた一円玉で上からぐっと押し込むと何事もなかったように動き出した。

髪を乾かし終えて着替えていると、別の人も硬貨を詰まらせ、ドライヤーの前をうろうろしていた。先程の方法を教えるも、硬貨は入っていかなかい。すると、別のおばちゃんが登場し、ガタガタと機械を揺すり始めた。詰まらせた本人は諦めていたが、引かぬおばちゃん。数分後、遂におばちゃんが勝った。

ほっとした空気が脱衣所に流れる中、ボディークリームを塗っていると、鏡越しにうしろにいたおばあさんの姿が目に入ってきた。タオルで作った手作りのブラジャー。胸には大きく「いいタネ」と書かれていた。

一人感嘆していると、見知らぬ方が声をかけてきた。「あなたよく来るの?」と、温泉のスタンプラリーの台紙を譲ってくれた。スタンプを4個貯めると、1回無料で温泉に入れる。どうやら遠方の方なので、なかなか来れないらしい。スタンプは2個貯まっていた。

今日は色々とついている。

 

今、私はこんなドラマティックな脱衣所のある温泉のそばで暮らしている。(市内は温泉だらけ)

一年半前まで、クリオシティのメッセンジャーとして、生まれ育った東京を走っていた。

社長、やな犬さんの言葉を借りると、「雑多なメッセンジャー」の世界に10年近くいた。

そんな経験が功を奏してか、様々な人、仕事、文化、たべものが色濃く入り交じるこの土地で、今のところ楽しく暮らしている。

楽しいと言うと、簡単で単純な言い方かもしれないが、純粋に、興味深くて面白いことだらけだ。

 

はるばる東京から来た私を、人はめずらしがる。

「あんた、こった大変なとこさ何しに来たんず?」

よく、初対面の方にいきなり言われる。

もしかしたら、人によっては面食らうかもしれない。

でも、仕事中に新橋で信号待ちをしていた時に、「おい!ねーちゃん!あんた競輪選手になりなよ!」と、隣にいたおじちゃんに、いきなり言われたことのある身としては、こんなことなんてことないのだ。(因におじちゃんは、私の太ももの太さを生かさないともったいないと言っていた。)エレベーターで乗り合わせたおじちゃんに、「あんた男か?」と聞かれたことだってある。なかなかに雑多な日々だった。

寧ろ、初対面ながらも興味を持って接して下さる方が多い事はとてもありがたい。知る人よりも見知らぬ人が多いこの土地で、新しい出会いのきっかけとなる。

ここに引っ越してきて、初めて経験したアルバイト先のりんご農家の社長から、「順応性が高い」と言われたことがある。どちらかというと保守的で不器用な人間だと思って生きてきたので、素直に嬉しかった。

いつからこうなったのかは分からないけど、きっかけの一つは間違いなくメッセンジャーだと思う。

ありとあらゆる天候のもと、暑いだの寒いだの文句を言いながらもそれを受け入れて走り、変わった職業(メッセンジャー)に興味を持つ世界中の変わった人達と出会い、会社を越えて世代やスタイルの全く違う人達とメッセンジャーのイベントを作り上げ…

雑多なものごとを咀嚼してゆっくりと受け入れていくことを周りの人達から教えてもらった気がする。

特に、雑多なものごとほど、噛めばかむほど、面白みが深まるのだ。

とは言いつつも、頑固で譲れない部分ももちろんある。

 

そんな私が、大好きだったメッセンジャーの世界を離れ、憧れと興味を持っていた北の地に来て1年半。

積み重なる新しい経験と、変わらないメッセンジャーとしての感覚。

この二つが入り交じった私の日々を、もう一度この場所で発信したいと思うようになった。

そんな気持ちを、勇気を出して、社長、やな犬さんに伝えたところ、すんなりと「いいよ。いいね。」と言って下さった。

さすがメッセンジャーだ。

やな犬さんに深く感謝しつつ、この場をお借りして、クリオシティのブログを見て下さっている、

クリオシティのお客様、メッセンジャー、元メッセンジャー、今この土地で新しく出会った人、通りすがりの人に、改めて、私なりの「メッセンジャーな感覚」と「今見ているもの」を伝えていきたいと思う。

戻ってきた「ひのりごと」。

はじめましての方も、以前も読んで下さっていた方も、改めてよろしくお願いします。

 

 

ノリ

1983年、東京生まれ。

高校卒業数年後、地図を眺めること、外にいること、男らしい世界…様々な「好き」が詰まったメッセンジャーになる。

全てのたべもの、のみものをこよなく愛し、食べ呑む日々。

乗り物は自転車も電車も車も全部好き。

現在、高校の頃から憧れていた北国で暮らす。

趣味:登山、写真、民藝、食器集め

好きな人:星野道夫、黒板五郎、河井寛次郎

好きなことば:「驚いている自分に驚いている自分」

「ひのりごと」 が復活します!

けっこう人気があったトピックだったので、覚えている人もいると思いますが、

クリオのメッセンジャー、ノリちゃんが、 デリバリー中や日常で感じた

ちょっとした出来事を綴ったエッセー

「ひのりごと」

近々復活することになりました。

最終回が去年の5月だったので、1年半ぶりの復活ということになりますね。

以前の「ひのりごと」を読むには、以下のリンクよりまとめ読みができます。

http://www.courio-city.com/blog/?cat=16

 

今は一体どこで何をしているんでしょう?

どんな「ひのりごと」になるんでしょうか?

自分も今からワクワクしています。

 

ということで、ひのりごと復活のお知らせでしたー!( ̄▽ ̄)

 

Ride Safe,

87犬

オペセン事務所 デザイン担当のdecci 紹介

クリオのオペレーションセンター(オペセン)をデザインしていただきました、

手作り家具デザイン decci (デッチ)の藤さんの作品について、

せっかくなので、ここで紹介させていただきます。

 

手作りのオシャレ家具が多いので、気になった方はぜひコンタクトを取ってみて下さい。

ワンオフの特注等にも対応してるそうです。

https://www.iichi.com/shop/daisukeTOU

 

 

茶室捻庵

上の茶室はクリエイティブプール 辻氏デザインで、decci の藤氏が製作した茶室。@馬車道駅

2014年のJIA横浜建築祭茶室コンペで入賞したもの。

 

IMG_4475

上の写真は、8月の三越での売り場。

 

0004

柳川がお気に入りだったこのスツールは、ニューヨークのコレクターに渡ったそうです。残念。

 

00001

 

0006

 

00002

 

 

00003

 

 

00005

オペセンにもある年輪テーブル。

他にも色々なものを作っているので、覗いてみて下さい。

 

https://www.iichi.com/shop/daisukeTOU

 

 

 

 

今年もやります! メレルフェス出店

アメリカ・アウトドアシューズのメレルが主催する野外フェス「メレルフェス2015」が今年も開催されます。

しかも今週末、10/4(日)の明後日に開催です。

場所は、立川・国営昭和記念公園のみんなの原っぱです。

http://www.merrell.jp/2015fes/

メレルフェス2015

メインステージでは真心ブラザーズ等が出演予定で、

大きな原っぱでは、今年はドッヂボール大会をやるようです。

その他にもたくさんの野外ワークショップがありますので、天気も良さそうですし、

体を動かしに遊びに来て見て下さい。

 

さて、我々クリオシティは、今年で参加5年目?になりますが、恒例の「こどもメッセンジャー体験」を実施します。

7歳くらいまでの子どもが対象。

15100201

 

このブログのトップ画像は、以前実施したメレルフェスの時の写真ですが、

表情を見てもらえれば分かる通り、大人がやっても笑顔になっちゃう楽しいワークショップです。

他に親子で参加できる顔はめパネルの用意や、我々のウェブショップ「HEADS」の物販も行う予定です。

 

KIMG05312

本日クリオは12周年!

お陰様で、本日10月1日でクリオシティは12周年を迎えることができました。
締めとしては、ちょっと中途半端な感じはありますが、
めでたい日に違いはありません。

これもひとえにクリオシティをご利用いただいているお客様がいて、
そのお客様を支えているスタッフたちの、不断の努力の賜物に他ならないと思っています。

一日一日は、決して劇的に変化するような毎日ではないかもしれませんが、
その一日をしっかり刻んでまた次の日に繋げることができるからこそ
こうして節目の日を迎えられるわけです。

節目の時くらいは、その刻んできた日々を思い返して、
キャリアとは何か、という価値を考えても良いかもしれませんね。

12年の歴史はまた、現在のスタッフだけで成し得たものではなく、
離れてしまったスタッフたちが過去に刻んだ日々があって今があるわけで、
時々連絡をくれたり、会社に遊びに来てくれる人がたくさんいると、
やはり会社のキャリアを感じて嬉しくなります。いつでも歓迎しています。

明日はそんなクリオの12周年を祝う、ささやかな会を開きます。
主役はスタッフ全員。
お互いの労をねぎらい合って、また新たな日々を刻んでいくための糧を
得られたらいいと思います。

ちょうど干支も一回りしたところなんですね。
創業した頃も未ヒツジ・・・。
次に未年になる頃は、24周年ということか・・・。
あまりにも先が長すぎるので、やはり足元をしっかり見て、一歩一歩を大切に
積み上げていきたいものです。

世の中はこれから下半期。
これからもクリオは一丸となって、皆様のサポート役をしっかり務めさせていただきます。
13年目もどうぞよろしくお願い致します。

クリオに新事務所ができました!

カスタマーサービス部門とデリバリーをコントロールする部門のための新拠点、

オペレーションセンター(通称:オペセン)が新たに整いました!

思い起こせば、初春から準備を始めて約5ヶ月、ようやくつい先日完成。^^;

 

オフィスデザインは、手作り家具デザインのdecciにお願いし、

リサイクル木材を中心とした、すごく温かみのある空間を目指すことになりました。

今回は、クリオのスタッフみんなで作業を手伝ったこともあり、簡単ながら

そのビフォー・アフターを紹介します。

 

【Before】 (クリックで拡大)

オペセン before1

 

クリオ本社から100m程近所の物件。

さっそくクリオの皆でワイワイやりながら準備を進めました。床をフローリングにするために、

根太を敷いたり、断熱材をセットしたり、床板を一枚一枚釘で留めていったり・・・、

こういった作業をお手伝いする機会は少ないため、とても良い経験になりました。

外側を向く壁は、塗料を一度塗ってから再び擦ってある程度落とすエイジング加工を入れたため、

非常に時間と手間が掛かりましたが、子どもたちも楽しんでお手伝いしてくれました。

 

オペセン 準備2

床・壁・テーブル・棚と、ある程度形が整った段階で、近所の伊勢山皇大神宮から宮司さんに来ていただき、

厄払いもしっかり行い、、、

窓には、内側が見えず、且つ明かりを取り込めるようにと、障子が採用されました。

週末になると、メッセンジャーやその友人たちも手伝ってくれまして、

スローペースではありましたが3ヶ月くらい掛かって大枠がようやく完成しました。

 

基本的にテーブルやイスなどの材料には、リサイクル廃材を使用しています。

decci工房に保管されていた廃材に加えて、今まで1階で使っていた打合せテーブル、オフィステーブル、

自宅にあったローテーブル、以前から捨てられずに保管してあった木材など、

身の回りにあったたくさんの不要木工製品がこのオフィスに吸収されることになりました。(笑)

 

そして、それがどうなったかと言いますと、、、

 

 

【After】 (クリックで拡大)

 

オペセン1

 

オペセン2

 

オペセン3

 

オペセン4

 

床と外壁板以外は、ほとんどが廃材です。だから、どこかで見覚えがあって、これが結構懐かしくて笑えます。

使い始めから馴染みがあるのって、いいですね。

すぐ上の写真は、「打合せ用のセンターテーブルには、思い出の品を埋め込もう」ということで、

クリオシティが開業以来、約10年に渡って愛用した、

戸部・岩亀通りの開勢堂ベーカリー お疲れ様でした!

本日6月30日を持ちまして、戸部の老舗パン屋さんが暖簾を下ろすことになりました。

かれこれ六十余年だそうです。

近所のよしみもあり、これまでずっと腹ペコのメッセジャーたちにお裾分けをいただき、

長年に渡って我々の胃袋を支えて下さった、本当に感謝しても、し尽くせないパン屋さんです。

開勢堂ベーカリー-1

IMG_3519

「もう体がキツくてね。皆に惜しまれながら引退するのもいいんじゃないかと思ってね。」

いつも穏やかなお母さんですが、作る日は2時くらいから起きて作っているそうで、そりゃ体もきついですよね。

旦那さんももう御年80歳だとか。今までご夫婦共に何とかやってこられたことが、何よりですね。

 

ずっと気付かなかったですが、店内には「優秀賞」の賞状が。

昭和三十三年に国際パン洋菓子工業展覧会で高松宮宣仁親王様より表彰されたものだそうで、

このお店の歴史を物語ってくれます。

 

夕方には閉めてしまうということなので、外で走り回っているメッセンジャーたちを代表し、

心ばかりの花束をプレゼント。

開勢堂ベーカリー-2 開勢堂ベーカリー-3

数年前に開勢堂オマージュで作製されたサイクルジャージに身を包み、

最終日の今日、お母さんと一緒に記念写真を撮ってきました。

あんなにたくさん食べたパンも、もう食べられなくなるなんて、やっぱり寂しいです。

 

クリオのメッセンジャー一人一人にも、それぞれ開勢堂との思い出があったと思います。

我々は開勢堂ベーカリーのこと、入口に立つおばちゃんのこと、一つ一つのパンの味を、

ずっと忘れません。

長い間、ご馳走様でした!そして、お疲れ様でした!!これからは、ゆっくり休んで下さい。

IMG_3523

最後の最後にサンドイッチをいただき!!

 

 

 

横浜開港祭も今日まで

6月2日は横浜市の開港記念日です。

毎年この日に臨港パークでは、開港を記念した花火が打ち上げられます。

今年は、19:20 -19:50  の30分間、

横浜港に行ける人は海の方を見てみて下さい。

 

そして会場の入口に、この祭りの協賛企業一覧の看板が立っていて、

会社やお店がマメのような字で書かれています。

 

IMG_3356

 

「ク」のところを見ると、ありました!

 

IMG_3357

 

心ばかりの協賛ということで。 ^^;

チビッ子駅伝では、クリオのスタッフたちがガッチリサポートしてくれてましたからね…。

ウォーリーぐらい難しいかもしれませんが、探せばあります。(笑)

 

花火を見るなら臨港パークの北側がおススメです。

 

 

今年も横浜開港祭のチビッ子ミニ駅伝をお手伝いします

今年で34回目となる横浜開港祭が、5/30土、31日、6/2火の3日間、開催されます。

そのうち、5/31日にみなとみらいの臨港パーク内で行われる、チビッ子ミニ駅伝2015に、

今年もクリオシティのスタッフ何人かでお手伝いをします。

去年この大会を作り上げた身として、継続されることは嬉しいですね。

 

(去年の大会の模様)

水色のTシャツを着たクリオのスタッフたちがしっかりサポートしているのが見えますね。(笑)

 

今年は主に、受付やスタートゴール地点に居ると思いますので、来場された方は気軽に声を掛けて下さい。

5/31日 7時-13時30分 @臨港パーク 水際線

http://www.kaikosai.com/land.html

こちらの↑ 10コ目のコンテンツに駅伝詳細があります。

 

また、6/2火の夜は、臨港パーク沖で花火が上がります。

注意点は、例年よりも1時間早く始まるのと、過去初めて国際橋(観覧車の近く)が歩行者のみ通行止めになりますので注意が必要です。 (汽車道で迂回する)

花火は、19:20 ~ 19:50

 

今年も横浜開港祭を楽しみましょう!

メッセンジャー募集します!

お待たせしました!

いつも不定期で、しかも少人数しかメッセンジャーを募集してこなかったのですが、

この度、数名募集することになりました。

下の求人ポスターは、2003-2005年頃によく横浜中心部の自転車屋さんに貼ってもらっていたものです。

最近見つけたので、せっかくだから復刻させて、また自転車屋さんにお願いに回ろうと思います。

 

recruit_poster

 

写真は、2002-3年頃にロンドン・コペンハーゲン・ベルリン・アムステルダム辺りに行った時に撮った、海外のメッセンジャーたちです。

左上のワルシャワのメッセンジャーは、afri-colaのスポンサーロゴが入ったbagjackを背負っていて、このバッグがカッコよくてね。それから5年後くらいに譲ってもらい、今はクリオ事務所に飾ってあります。(笑)   そう、afri-colaを日本でも飲みたいんですよ!(関係ないけど)

その下はアメリカのジョーで、決して早く走れるタイプではなかったけれど、頭を使ってデリバリーすれば世界大会でも3位に入れることを示してくれたメッセンジャーです。世界中のコミュニティの情報をデータベースのごとくまとめていってくれたのも彼。やり手。

左下の赤いシャツの女性は、後にフォトグラファーになったコペンハーゲンのマリア。カワイイ。

そして下段中央の後ろ向きでしか写っていない彼は、チューリッヒのflashで走っていて、2001年のブダペスト世界大会で優勝したロジャー。

一番下は僕が風呂上りにニュース23を見ながら組んだ32本組の前輪。どうでもいいね。(笑)

自転車担当だけでなく、中型2輪のバイク担当も募集しています。

横浜と東京、それぞれ求人します。詳細はリクルートページを確認下さい。

縁があれば、一緒に走りましょう!