Courio-City 公式ブログ

カテゴリー: 87犬 (4ページ目 (8ページ中))

メッセンジャーの世界大会の映像

現在、懐かしの映像として撮り溜まってしまっている2009年のメッセンジャー世界選手権大会(CMWC)を中心に当時の秘蔵映像を編集し直しているのですが、ようやくお台場でのメインレース予選の編集がまとまりました。(シーン9とシーン10)

インタビューでは、クリオシティのメッセンジャーもチラホラ登場しています。

Scenes of MSGR では、2009年のメッセンジャーシーンを一つずつ切り取り、不定期にアップしていっています。

87犬のウンチクと共に、「 A 」の読み物ページでアップしていますので、興味のある方はどうぞ。

 

以下、シーン9のコメントを抜粋。

scene09

 

メッセンジャーのメインレース。

会社を模したチェックポイントがコース上にいくつも散らばっており、そこから荷物をピックアップし、伝票に書かれたチェックポイントまでデ リバリーする。スタート時に渡される大量の伝票と地図を照らし合わせながらデリバリー順をプラン立て、自分のペースでコース上に飛び出していく。

コースは広い会場を街と同じく迷路のようにレイアウトされ、衝突事故を防ぐため基本的には一方通行となっている。
そのため分岐点で誤った方に進んでしまうと後には戻れず、またぐるりと周回しなければならないため、一瞬の判断ミスで大きなタイムロスとなってしまう。

オーダーによって荷物の個数や荷姿、大きさも様々で、30分以内に届ければ問題ないものもあれば、引取りから5分以内に届けなければならない大至急のものも出てきたりする。
立ち寄った所では、できるだけ荷物の引取りとお届けを同時にこなした方が効率は良く、選手たちは走りながら頭をフル回転させながら走り続ける。

予選は全員同じ数のデリバリーをこなすが順番に指定はないため、最も早く終わるデリバリー順を自分で考えて全てのデリバリーを完了させ、ゴールに戻ったタイムを競う。一つ一つには制限時間があるため一つの荷物でもタイムリミットを外してしまうと予選落ちとなってしまう。

自転車のロードレースや数ある自転車競技の中で、メッセンジャーのレースが他のレースと異なるのは、こうした走るだけではない本来の業務に即した勝つためのエッセンスが必要となるところだ。

メインレースはたっぷりと、前編後編に分けてお送りしましょう。

========================

 

シーン10のコメント抜粋。

冒頭のインタビューにある通り、お台場フジテレビ前のエリアを借り切って、公道を使ってメッセンジャーのレースを開催できたということに、改めて実行委員会のご苦労を労いたい。
あれからもう7年も経とうとしているが、本当に手作りのイベントの中で最高のイベントだった。

幾つかのインタビューの中で、印象深いコメントを残している人がいる。レース後にピンクの愛車を掃除していたクリオシティのJAG(ジャージ)だ。
彼は言っている。
「自転車をちゃんと愛してあげれば、その分自転車は応えてくれる」
彼はこの後のメインレース決勝でも、その言葉通りとんでもないパフォーマンスを発揮する。
また、10年以上も走り続けているキャリアの中で、一度も交通事故に遭っていないという事実も、愛されている自転車からのお返しということなのかもしれない。
参加者達から時折聞こえる意義深い言葉もまた、興味深い。

今回は、通常のメインレースと同時にカーゴレースの予選も行われた。
カーゴレースとは、大きな荷物を運べるタイプの自転車で競うもの。
カーゴバイクには大きく分けて2タイプあり、一つはハンドルより前に荷台があるタイプ。
もう一つはサドルよりも後ろに積むタイプ。中にはアタッチメントで本体に固定してキャリアを引っ張るトレーラータイプのものもある。
海外のメッセンジャーの中には、カーゴデリバリーを主な仕事にしている人も多く、彼らはCMWCでのカーゴレースを特に楽しみにしている。

そして、予選をほぼノーミスで通過した上位者たちによる翌日の決勝レースへと続く。

映像はこちら

南国からの贈り物

鹿児島県の竹島から素敵な贈り物が届きました。(竹島と言っても、問題になってない穏やかな方)

皆さんは自転車のスポークで作られたバングルをご存知ですか?

IMG_4868 IMG_4865

今でこそ、種類も増えてきた自転車パーツアクセサリーですが、日本で最初にスポークのバングル作りに取り掛かった人物が、東京のK氏と鹿児島のT氏、二人のメッセンジャーだったと思います。(曖昧な記憶ですが)

T氏はかつて、メッセンジャーとして鹿児島の街を走り回っていたこともありますが、そのT氏からこの度、バングルをプレゼントして頂きました。相変わらずのクオリティーで、仕上がりが綺麗なんですよ。

(ちなみにクリオも時々お客様から『クオリティーさん』と間違われること、あります。関係ありませんが)

T氏のバングルの特徴は、リング全体に少し角度が付いていて、引っ掛ける輪っかが2重巻きなのが特徴です。K氏のバングルの方は、15年くらい前の映画「メッセンジャー」や、そのキャンペーン等でも登場していましたね。

二人とも97年にバルセロナで行われたメッセンジャー世界大会に参戦した時に、カナダのメッセンジャーから貰ったものを参考に製作し始めたとか。

このバングル、非売品なのですが、ぜひ欲しいという方がいましたら、こちらまでご連絡下さい。↓↓↓

infoアットマークcourio-cityドットcom

締めきり: 3月15日

数名の方にプレゼントしたいと思います。(当選者発表は、発送をもってかえさせていただきます)

そろそろ2月も終わり。 春は間もなく…。  ( 関内の桜は一部咲き始めたようですね )

Ride Safe!

 

デザイン部からのお知らせ

既に始まっていて少し遅れた告知になりますが、

「ハイカロリイオトメ」が伊勢丹新宿店の合同展に参加させていただいております。

キモノにご興味のある方もない方も、これを機会に新宿へGO!

ファッションとキモノとイキモノ展

伊勢丹新宿店 2階のTOKYO解放区

AGURI SAGIMORI / CHOKO / ハセガワ アヤ / ハイカロリイオトメ

2016.1.20 ~ 2016.1.26

S__55107589

S__55107586

 

S__55107588

この会場装飾の作画にも参加しています。

S__55107587

 

詳しくはこちらのニュースページを。

http://www.fashionsnap.com/news/2016-01-16/kimonoten/

 

今週末!1/23土にメッセンジャーのムービーイベントあります

こんにちは。 87犬です。

今週末になりますが、1/23土の夜にメッセンジャーに関するムービーを集めたイベントが東京・池尻大橋で開かれます。

天気予報だとだいぶ寒いみたいですが、めったにない機会ですので興味を持った方はぜひ来場ください。どなたでも歓迎です。

ヤナ犬含め、クリオスタッフも参加してます。

クリオが編集で関わっている作品でいうと、2004年の京都LOCO、2009年のGroup Ride from Kyoto to Tokyo, CMWC2009東京などの映像が流れます。^^

ずっと見入っていてもいいし、見ないでずっと誰かと話していても問題ありません。

以下、チャリンコーヒーでお馴染みのトミー氏からの告知文です。

会場で会ったら色々語りましょー!( ̄▽ ̄)

———————————————

昨年末に催された2015MSGR忘年会でVJとして流されていたメッセンジャーイベントの映像たちをじっくり観ようという上映会です。
エントリーフィー/¥1000/2ドリンク
※フードおよび3ドリンク目以降は、キャッシュオンとなります。

1/23(土)18:30〜23:00 ~
@4uatre(キャトル)   目黒区大橋2-22-2-B1

MSGR ムービーショー
開場18:30
上映開始/19:00頃〜順次上映開始

上映スケジュール
1.MASH WORLD PREMIER JAPAN TOKYO TOUR/上映時間00:00

2.TEAM TERRIBLE/上映時間05:07

3.BSBC CRIT/上映時間02:38

4.MSGR – Holic Kyoto Loco/上映時間43:29

5.MIXPRESSION11/上映時間00:00

6.CMWC2015 ”MELBOURNE”/上映時間13:56

7.CMWC2009”TOKYO”/上映時間59:55
23:00で一旦終了

23:00以降裏メニュー※希望者いれば上映

裏1.ケビンが日本語訳を付けたアレ(MASH)

裏2.MASSA ALLEY CAT

オペセン事務所 デザイン担当のdecci 紹介

クリオのオペレーションセンター(オペセン)をデザインしていただきました、

手作り家具デザイン decci (デッチ)の藤さんの作品について、

せっかくなので、ここで紹介させていただきます。

 

手作りのオシャレ家具が多いので、気になった方はぜひコンタクトを取ってみて下さい。

ワンオフの特注等にも対応してるそうです。

https://www.iichi.com/shop/daisukeTOU

 

 

茶室捻庵

上の茶室はクリエイティブプール 辻氏デザインで、decci の藤氏が製作した茶室。@馬車道駅

2014年のJIA横浜建築祭茶室コンペで入賞したもの。

 

IMG_4475

上の写真は、8月の三越での売り場。

 

0004

柳川がお気に入りだったこのスツールは、ニューヨークのコレクターに渡ったそうです。残念。

 

00001

 

0006

 

00002

 

 

00003

 

 

00005

オペセンにもある年輪テーブル。

他にも色々なものを作っているので、覗いてみて下さい。

 

https://www.iichi.com/shop/daisukeTOU

 

 

 

 

今年もやります! メレルフェス出店

アメリカ・アウトドアシューズのメレルが主催する野外フェス「メレルフェス2015」が今年も開催されます。

しかも今週末、10/4(日)の明後日に開催です。

場所は、立川・国営昭和記念公園のみんなの原っぱです。

http://www.merrell.jp/2015fes/

メレルフェス2015

メインステージでは真心ブラザーズ等が出演予定で、

大きな原っぱでは、今年はドッヂボール大会をやるようです。

その他にもたくさんの野外ワークショップがありますので、天気も良さそうですし、

体を動かしに遊びに来て見て下さい。

 

さて、我々クリオシティは、今年で参加5年目?になりますが、恒例の「こどもメッセンジャー体験」を実施します。

7歳くらいまでの子どもが対象。

15100201

 

このブログのトップ画像は、以前実施したメレルフェスの時の写真ですが、

表情を見てもらえれば分かる通り、大人がやっても笑顔になっちゃう楽しいワークショップです。

他に親子で参加できる顔はめパネルの用意や、我々のウェブショップ「HEADS」の物販も行う予定です。

 

KIMG05312

本日クリオは12周年!

お陰様で、本日10月1日でクリオシティは12周年を迎えることができました。
締めとしては、ちょっと中途半端な感じはありますが、
めでたい日に違いはありません。

これもひとえにクリオシティをご利用いただいているお客様がいて、
そのお客様を支えているスタッフたちの、不断の努力の賜物に他ならないと思っています。

一日一日は、決して劇的に変化するような毎日ではないかもしれませんが、
その一日をしっかり刻んでまた次の日に繋げることができるからこそ
こうして節目の日を迎えられるわけです。

節目の時くらいは、その刻んできた日々を思い返して、
キャリアとは何か、という価値を考えても良いかもしれませんね。

12年の歴史はまた、現在のスタッフだけで成し得たものではなく、
離れてしまったスタッフたちが過去に刻んだ日々があって今があるわけで、
時々連絡をくれたり、会社に遊びに来てくれる人がたくさんいると、
やはり会社のキャリアを感じて嬉しくなります。いつでも歓迎しています。

明日はそんなクリオの12周年を祝う、ささやかな会を開きます。
主役はスタッフ全員。
お互いの労をねぎらい合って、また新たな日々を刻んでいくための糧を
得られたらいいと思います。

ちょうど干支も一回りしたところなんですね。
創業した頃も未ヒツジ・・・。
次に未年になる頃は、24周年ということか・・・。
あまりにも先が長すぎるので、やはり足元をしっかり見て、一歩一歩を大切に
積み上げていきたいものです。

世の中はこれから下半期。
これからもクリオは一丸となって、皆様のサポート役をしっかり務めさせていただきます。
13年目もどうぞよろしくお願い致します。

クリオに新事務所ができました!

カスタマーサービス部門とデリバリーをコントロールする部門のための新拠点、

オペレーションセンター(通称:オペセン)が新たに整いました!

思い起こせば、初春から準備を始めて約5ヶ月、ようやくつい先日完成。^^;

 

オフィスデザインは、手作り家具デザインのdecciにお願いし、

リサイクル木材を中心とした、すごく温かみのある空間を目指すことになりました。

今回は、クリオのスタッフみんなで作業を手伝ったこともあり、簡単ながら

そのビフォー・アフターを紹介します。

 

【Before】 (クリックで拡大)

オペセン before1

 

クリオ本社から100m程近所の物件。

さっそくクリオの皆でワイワイやりながら準備を進めました。床をフローリングにするために、

根太を敷いたり、断熱材をセットしたり、床板を一枚一枚釘で留めていったり・・・、

こういった作業をお手伝いする機会は少ないため、とても良い経験になりました。

外側を向く壁は、塗料を一度塗ってから再び擦ってある程度落とすエイジング加工を入れたため、

非常に時間と手間が掛かりましたが、子どもたちも楽しんでお手伝いしてくれました。

 

オペセン 準備2

床・壁・テーブル・棚と、ある程度形が整った段階で、近所の伊勢山皇大神宮から宮司さんに来ていただき、

厄払いもしっかり行い、、、

窓には、内側が見えず、且つ明かりを取り込めるようにと、障子が採用されました。

週末になると、メッセンジャーやその友人たちも手伝ってくれまして、

スローペースではありましたが3ヶ月くらい掛かって大枠がようやく完成しました。

 

基本的にテーブルやイスなどの材料には、リサイクル廃材を使用しています。

decci工房に保管されていた廃材に加えて、今まで1階で使っていた打合せテーブル、オフィステーブル、

自宅にあったローテーブル、以前から捨てられずに保管してあった木材など、

身の回りにあったたくさんの不要木工製品がこのオフィスに吸収されることになりました。(笑)

 

そして、それがどうなったかと言いますと、、、

 

 

【After】 (クリックで拡大)

 

オペセン1

 

オペセン2

 

オペセン3

 

オペセン4

 

床と外壁板以外は、ほとんどが廃材です。だから、どこかで見覚えがあって、これが結構懐かしくて笑えます。

使い始めから馴染みがあるのって、いいですね。

すぐ上の写真は、「打合せ用のセンターテーブルには、思い出の品を埋め込もう」ということで、

クリオシティが開業以来、約10年に渡って愛用した、

戸部・岩亀通りの開勢堂ベーカリー お疲れ様でした!

本日6月30日を持ちまして、戸部の老舗パン屋さんが暖簾を下ろすことになりました。

かれこれ六十余年だそうです。

近所のよしみもあり、これまでずっと腹ペコのメッセジャーたちにお裾分けをいただき、

長年に渡って我々の胃袋を支えて下さった、本当に感謝しても、し尽くせないパン屋さんです。

開勢堂ベーカリー-1

IMG_3519

「もう体がキツくてね。皆に惜しまれながら引退するのもいいんじゃないかと思ってね。」

いつも穏やかなお母さんですが、作る日は2時くらいから起きて作っているそうで、そりゃ体もきついですよね。

旦那さんももう御年80歳だとか。今までご夫婦共に何とかやってこられたことが、何よりですね。

 

ずっと気付かなかったですが、店内には「優秀賞」の賞状が。

昭和三十三年に国際パン洋菓子工業展覧会で高松宮宣仁親王様より表彰されたものだそうで、

このお店の歴史を物語ってくれます。

 

夕方には閉めてしまうということなので、外で走り回っているメッセンジャーたちを代表し、

心ばかりの花束をプレゼント。

開勢堂ベーカリー-2 開勢堂ベーカリー-3

数年前に開勢堂オマージュで作製されたサイクルジャージに身を包み、

最終日の今日、お母さんと一緒に記念写真を撮ってきました。

あんなにたくさん食べたパンも、もう食べられなくなるなんて、やっぱり寂しいです。

 

クリオのメッセンジャー一人一人にも、それぞれ開勢堂との思い出があったと思います。

我々は開勢堂ベーカリーのこと、入口に立つおばちゃんのこと、一つ一つのパンの味を、

ずっと忘れません。

長い間、ご馳走様でした!そして、お疲れ様でした!!これからは、ゆっくり休んで下さい。

IMG_3523

最後の最後にサンドイッチをいただき!!

 

 

 

« Older posts Newer posts »