「それはさておき」

Courio-City 公式ブログ

月別: 2013年12月

ひのりごと 32

2013年の業務を無事に終えることができました。
(クリオシティの営業はあともう少し…)

今年もたくさんの方々にお世話になりました。ありがとうございました。

そして、いつもひのりごとを読んでくださり、本当にありがとうございます。

実は、私はメッセンジャー業務のアイコン的存在の無線を持っていません。(私の業務上必要がないので。)

無線を持っていた頃は、といっても何年も前…別のメッセンジャー会社に所属していた頃まで遡るのですが、
走りながら次々生まれる感情を、無線を通して別の場所で走るみんなと共有していました。
嬉しいこと、大変なオーダー、雨の日…
気持ちを直接口に出す事もあるし、みんなの無線の声で感じたり、逆に感じてもらう事もありました。
それが本当に走る力になっていました。

無線がなくなってからは、すごく物足りない訳ではないのですが、たまにいい事があった時などに、「あぁ今無線で言えたらな〜、言いたいな〜」と、よく思います。

そんな、日々走りながら蓄積されていく気持ちや考えを、こうしてひのりごとに書かせて頂くようになりました。
みなさんにとっては、たわいもないひとりごとだと思いますが、こうして読んで、少しでも共有して頂けている事がとても嬉しいです。

最近は、たま〜にですが、ひのりごとを読んでると声をかけて下さる方もいて、それもまたまた嬉しいことです。

きっとメッセンジャーにとって、「気持ちの共有」はキーワードの一つなんだと思います。
ディスパッチャーと、お客様と、呼吸を合わせ、決して優しくはない天候や状況を一緒に走る人達と感じ合いながら毎日たんたんと走り抜く。
走る時はいつも一人だし、見た目以上に地味な仕事ですが、こんな事に支えられています。

来年もクリオシティを、こんなメッセンジャーをよろしくお願いします。
そして、ひのりごともたまに…。

来年も全てのメッセンジャーが安全に走り抜けますように。
みなさまにとって素敵な2014年になりますように。

2013年12月27日の夕方、明日から始まる冬休みに心踊らせながら!(うっきうきー!!)
ノリ

20131227-182643.jpg

ひのりごと 31

お腹が空き過ぎて、ポケットに入れていたパンを信号待ちでモグモグしながら、師走を感じた夕方。

例年通り、街は人も車も増えて、師走感を演出しています。

仕事も例年通り忙しく、バタバタ、シャカシャカ走る毎日。

昨日も急ぎ足で、某ビルに入りました。
用を済ませ小走りでエレベーターから出て来て、警備員の方に入館証を返却しました。
同時に返却時間を紙に記入しようとすると…、
「私が記入しておきますので、先をお急ぎ下さい。」
と、警備員さん。
わー…なんて素敵な警備員さん!!
見た目も合間って執事みたい!

ちょっとした心遣いが余韻みたいに心に残って、その後気分良く走れました。(急いでることには変わりないけど。)

そして、もう一つ気持ち良く走れる理由が。
土曜日に、元メッセンジャーのノッチのお店、EFFECT(ひのりごと9参照)で洗車をしてもらいました。
メッセンジャーなら通常自分でやるものだし、自分ですればお金もかからないのだけど…
という葛藤もありながら、お願いしてしまいました。雨が続くとやる気もなくなるし…という言い訳もしながら。
結果、頼んで良かったです!
プロってすごいですね。自分の洗車と比べる必要もありませんでした。
気持ちもすごくすっきり!もちろん走りも快適です。
嬉しくてピカピカのブレーキを走りながらチラチラ見てしまいます。

気持ちのいい余韻を残せる「仕事」、すごく憧れます。

ひのりごと 30

「任せるところは、任せるし…。」
「そう、あいつすごいんですよ。」
「あいつと案件やってると気持ちいいんだよな。どんどん先回りしてくるし。」
「はい、仕事早いっすね。」

エレベーターで乗り合わせた、サラリーマンの会話。
(あいつ、すごいな…。爽やかで、気配り上手の優い人なんだろうな。きっと。)
いないところで大人二人からこんなに褒められるってすごいですね。

先に譲られて出た(恐縮です)エレベーターから自転車まで、なんとなく姿勢を正して颯爽と走りました。
あいつみたいにスマートだって思われたくて。
しかし、直後の届け先の内線電話の受話器を置くのにもたついて、なかなか切れない私。(海外のおしゃれな形の内線電話でよくある)

そんな私のメッセンジャー界での評価はどんなものなのかは知りませんが、先月でメッセンジャーを始めて丸9年を迎えました。
いよいよ10年目です。

小学一年生が高校一年生になったのと同じ月日。
どきどきしながら未知の世界に飛び込んで、思春期を迎え、終え、ちょっとだけ大人びてきたところでしょうか。

色々な事がたくさんあって、経験して、見て、出会って、別れて、気づいて、知って…
ここには簡単に書けないのですが、あまり変わらない事も。

昨日の雨、本当に辛かったです。
今季初めての冷たい雨。
指切りの手袋が早々に濡れ、飛び出た指がかじかみ、痛みと共に感覚がなくなりました。
信号で止まる度に手首を振って指先に血を流し、息を吹き込んで必死に暖め…。
何年経っても冬の雨の辛さは変わらないですね。

午後から晴れたのですが、他社のメッセンジャーとすれ違う度に
「よくやったな!よくあの午前中を乗り切ったな!」
と、心の中で勝手に褒め称えました。
ちょっとだけ先輩風を。

こんな風に毎日楽しかったり、辛かったり、嬉しかったり。
9年前に「メッセンジャー」を選んだ自分を褒めてあげたいです。