「それはさておき」

Courio-City 公式ブログ

月別: 2015年10月

100%ノンフィクションロードムービー 「一人だけのツール・ド・東伊豆」(改訂版)

この記事は2013年7月6日に行われた「ツール・ド・東伊豆」へのアナザーストーリー「もう一つのツール・ド・東伊豆」を新たに書き起こした記事です。

メッセンジャーはいつだって自転車が大好きなんでしょ?と思われがちである。
休日に遠くまでツーリングに行ったりするタイプもいれば、自転車に指一本触れないまま月曜日を迎えるタイプもいる。僕はというと……典型的な後者だ。

「ツール・ド・フランス」も観たことない、ロードバイクすら持っていない。
しかし…出ることになってしまった……社内ロードレース大会「ツール・ド・東伊豆」。

総勢15人が出場、3チームでの団体戦として振り分けられたうちのメンバーは、
●社長ヤナケン ●ホッピーことジロー ●チョモことイチロー ●おやつ ●僕の五人。

この中でチョモと僕の二人はピストでの出場。
一応解説、ピストとはギアが一枚なので変速が出来ない。山岳コースにおいては、雑な言い方をすれば軽いママチャリでしかない。

レース展開は想像がついた。
ホッピーがぶっちぎりで独走、残りの四人は途中でおいしそうな蕎麦屋とか見つけたら最後、勝負を忘れてくつろいでしまうだろう。
そして先にゴールしたホッピーが「あいつら何やってんだよ…フザケンナヨバカヤロ…!」とカリカリしながらお腹もカリカリかいている、という展開。

彼は僕に言った。
「ロードレースにピストで出るなんてバカですよ。おれだったら出ないですよ。」
勝負師の彼らしい。彼は機材にも妥協を許さない。
…そうだ、これはツーリングではない。勝負なんだ!

ミドリビンカ

でもマシンは、商売道具として愛用しているミドリビンカで走りたかった。
これでどこまで勝負出来るか?
その一部始終をつづった悪あがき日記をご紹介致します。

2013年6月28日(金)

レース1週間前、コースの詳細が発表された。
伊豆半島の東側を回るルートで、全長100キロが4つのステージに区切られている。距離こそ長くはないが、かなりの山岳ステージもあるという。
同僚たちは、ルートを調べたりパーツを替えたりと、静かに燃え始めた。

東伊豆ルートマップ変更前

僕はとりあえずハンドル周りをいじってみた。
日東B123ドロップハンドル340mmを、幅の広い400mmのロード用に替え、ブレーキレバーをブラケットの物に。見た目は好みではないのだが登り仕様にした。

そして何よりもギア比のセッティングだ。この選択が勝負を決めるといっていいだろう。
まずは登り用を考える。普段使っている厚歯でいくとチェーンリングの最小が42T、コグの最大はフリーで20Tというのが市販されていた=ギア比は2.1。相当軽い。
だがそれでもこのレース最大の難所、山伏峠は登れないらしい。
手持ちのパーツをひっくり返していると、10年以上前に初めて買ったマウンテンバイクについていたクランクが出てきた。ずっしりと重いそいつのほこりを払って見てみると、チェーンリングの最小が22!軸が四角い時代の物で、右クランクだけつけ替えることも出来る。トラックレースでも薄歯を使ったことがあるので対応する規格は知っていた。「6~8速」のチェーンと薄歯のコグで組み合わせれば……いける!

両切りホイールも駆使すれば、何種類かのギア比が使える。大丈夫だろう。
登りは1.5を切るぐらいの軽さの固定ギアがいいかな、下りはなるべく大きいフリーギアにしよう。
実際にマウンテン用のクランクをつけてみた。チェーンラインは問題ない。しかしチェーンリングの大きさに差がありすぎるため、インナー使用時にホイールを後方に引くと、トラックエンドのスライド幅を最大限に使ってもシャフトがエンドからこぼれ落ちてしまう。つまりチェーンが長過ぎる。

ミドリビンカ エンド

チェーンの長さは一本ではダメだということが判明した。

スペアのチェーンを持って走る?
コグを交換する必要もあるか?
各ステージのゴール地点で交換するなら、サポートカーに道具を預けて走れるか?
チェーンリングを外すのはめんどくさいから、いっそのことクランクごと換えちゃうか?
ならば厚歯も併用するか?
……仕事中も、ギア比のことばかり考えながら過ごした。

※ここからは、メカニック関係の方は決して読まないで下さい(苦笑)。

通勤で246を走っている時に、あるアイディアがひらめいた。
それは、マウンテンのクランクをフリー用として使い、さらに左側に固定ギア用のクランクをつけること!
つまり左右両側にチェーンリングを備えた、いわば「クランクの両切り」。
もちろん、両切りハブにもフリーと固定のコグをセットする。
これによってチェーンを換えるだけで薄歯フリーと厚歯固定の二種のギア比が使い分けられる。

ページ: 1 2 3 4 5

オペセン事務所 デザイン担当のdecci 紹介

クリオのオペレーションセンター(オペセン)をデザインしていただきました、

手作り家具デザイン decci (デッチ)の藤さんの作品について、

せっかくなので、ここで紹介させていただきます。

 

手作りのオシャレ家具が多いので、気になった方はぜひコンタクトを取ってみて下さい。

ワンオフの特注等にも対応してるそうです。

https://www.iichi.com/shop/daisukeTOU

 

 

茶室捻庵

上の茶室はクリエイティブプール 辻氏デザインで、decci の藤氏が製作した茶室。@馬車道駅

2014年のJIA横浜建築祭茶室コンペで入賞したもの。

 

IMG_4475

上の写真は、8月の三越での売り場。

 

0004

柳川がお気に入りだったこのスツールは、ニューヨークのコレクターに渡ったそうです。残念。

 

00001

 

0006

 

00002

 

 

00003

 

 

00005

オペセンにもある年輪テーブル。

他にも色々なものを作っているので、覗いてみて下さい。

 

https://www.iichi.com/shop/daisukeTOU

 

 

 

 

今年もやります! メレルフェス出店

アメリカ・アウトドアシューズのメレルが主催する野外フェス「メレルフェス2015」が今年も開催されます。

しかも今週末、10/4(日)の明後日に開催です。

場所は、立川・国営昭和記念公園のみんなの原っぱです。

http://www.merrell.jp/2015fes/

メレルフェス2015

メインステージでは真心ブラザーズ等が出演予定で、

大きな原っぱでは、今年はドッヂボール大会をやるようです。

その他にもたくさんの野外ワークショップがありますので、天気も良さそうですし、

体を動かしに遊びに来て見て下さい。

 

さて、我々クリオシティは、今年で参加5年目?になりますが、恒例の「こどもメッセンジャー体験」を実施します。

7歳くらいまでの子どもが対象。

15100201

 

このブログのトップ画像は、以前実施したメレルフェスの時の写真ですが、

表情を見てもらえれば分かる通り、大人がやっても笑顔になっちゃう楽しいワークショップです。

他に親子で参加できる顔はめパネルの用意や、我々のウェブショップ「HEADS」の物販も行う予定です。

 

KIMG05312

本日クリオは12周年!

お陰様で、本日10月1日でクリオシティは12周年を迎えることができました。
締めとしては、ちょっと中途半端な感じはありますが、
めでたい日に違いはありません。

これもひとえにクリオシティをご利用いただいているお客様がいて、
そのお客様を支えているスタッフたちの、不断の努力の賜物に他ならないと思っています。

一日一日は、決して劇的に変化するような毎日ではないかもしれませんが、
その一日をしっかり刻んでまた次の日に繋げることができるからこそ
こうして節目の日を迎えられるわけです。

節目の時くらいは、その刻んできた日々を思い返して、
キャリアとは何か、という価値を考えても良いかもしれませんね。

12年の歴史はまた、現在のスタッフだけで成し得たものではなく、
離れてしまったスタッフたちが過去に刻んだ日々があって今があるわけで、
時々連絡をくれたり、会社に遊びに来てくれる人がたくさんいると、
やはり会社のキャリアを感じて嬉しくなります。いつでも歓迎しています。

明日はそんなクリオの12周年を祝う、ささやかな会を開きます。
主役はスタッフ全員。
お互いの労をねぎらい合って、また新たな日々を刻んでいくための糧を
得られたらいいと思います。

ちょうど干支も一回りしたところなんですね。
創業した頃も未ヒツジ・・・。
次に未年になる頃は、24周年ということか・・・。
あまりにも先が長すぎるので、やはり足元をしっかり見て、一歩一歩を大切に
積み上げていきたいものです。

世の中はこれから下半期。
これからもクリオは一丸となって、皆様のサポート役をしっかり務めさせていただきます。
13年目もどうぞよろしくお願い致します。