なんだか、皆たくましい。

20100822-DSC08318.JPG

 

そこからは再び全員で走行。一路横浜、山下公園へ。

何とかギリギリ花火の打ち上げには間に合い、
最前列に陣取られた見物場所に滑り込み、無事にゴール!

乾杯用ドリンクを回していたところに、一発目の花火がドーン!

20100822-DSC08324.JPG

そして、かんぱーい!!!

なんという、テレビ的にもバッチリなタイミング!

誰かが見ていてキュー出ししたとしか思えないような、最高のエンディングでした。

いやー、待っていてくれた人たちも大いに盛り上がったし、めでたしめでたし。

さて、チームの勝敗の行方はというと、両チームとも同タイムでゴールしたので、
場所取りをしてくれた人たちへのお土産対決となりました。

4号チームは、各県のおかきや煎餅、乾き物を中心に揃えたのに対し、
6号チームは、まずバッグから卓上コンロ、そして土鍋が登場。

続いて、各県の野菜や肉、お麩などの具が出てきて、

 

20100822-DSC08353.JPG

 

さらにタレとおいしい水、カセットボンベを出しながら、

「僕らはこれで、今から鍋を作って皆さんに振る舞います!」

だって。

一堂、拍手で盛り上がり。

20100822-DSC08344.JPG

そして、満場一致で勝者は6号チームに。

マリンタワーをバックに記念撮影。

左から、バニヲ、おやつ、次長兄、ジャージ、カフー。1名どさくさ。

20100822-DSC08333.JPG

いやーしかし、これじゃあ勝てない。

オチまで考えた土産を用意していたとは、、、。

土鍋とコンロを背負って来たのはこの男、ミスタージャージ。

20100822-DSC08354.JPG

敵ながらあっぱれでした。

大沢親分と張本さんもあっぱれを出したに違いない。

実は土鍋もコンロも自宅にあったものらしく、家を出るときからバッグに入れて来たそう。

最初っから狙ってたのね。

しかし仙台―横浜間をずっと背負って走るなんて、さすが世界5位の男。

何でもデリバリーする。

仙台を出発した朝の写真がコレ。

20100822-P7171298.JPG

確かに異様にデカイ。土鍋とコンロが入ってるし。

よくずっと背負って来ました、このオチのために。

あなたはエライ!

、、、ということで、長々と書きました仙台ライド。

無事に事故もなく、最高のエンディングを迎えることができました。

最初は不安もありましたが、サクッと走りきってしまったあたり、
さすがメッセンジャー、と思いました。

それから国道4号と6号は、どっちが早いの?という疑問の答えは、

仙台 to 横浜 ルート4 or ルート6

ページ: 1 2 3