ひのりごと 38

最近の楽しみは朝のラジオ番組。

仕事に行く前にいつも同じ番組を聴いています。

数年前にテレビが無くなってから、音が無いのがさびしくて意識的にラジオを聴くようになったのですが、そんな生活にもいつの間にか慣れて、今は本当に面白いと思う番組を見つけたら聴くようにしています。

その朝の番組は、音楽の紹介を中心とした構成なのですが、私が思う「ラジオらしいラジオの世界」がそこにはあって、なんだかいい気分になれるのです。

友人や家族の誕生日に合わせて曲をリクエストするリスナー。

それになるべく懸命に応えるDJ。

先に読まれたリスナーからのメッセージに反応して、さらにメッセージを送る別のリスナー。

そしてそれを細やかに汲み取って繋ぐDJ。

とにかくDJが真面目なのです。

そしてとても身近に感じます。
メッセージを送れば必ず読まれる…読んでくれるんじゃないかと思ってしまうほど。

テレビも好きだけど、テレビではなかなかこんな感覚って生み出せないんじゃないかな。

 

今日、久しぶりにお届けに行った会社がありました。

「ここに来るの久しぶりだな。」と思いながら、いつもの担当者へ内線。

いつもの通用口の前でサインを頂く。

そして最後に「お久しぶりですね。」と声をかけて頂きました。

何気ない一言だったのだと思いますが、同じように思って頂けていた事がとても嬉しかったです。

メッセンジャーはたくさんある物流の中の一つの手段ですが、その中でもより身近に感じて頂けたらいいなと思います。

朝のお気に入りのラジオ番組のように、応えてくれるのを期待しても良い存在。

 

先日、仕事中に乗っていた自転車に突然のトラブルが発生しました。

真っ先に思い浮かんだのは元メッセンジャーの自転車のメカニックのお店(ここでも何度か紹介したEFFECT)。

すぐに電話しました。

期待通りのばっちりのアドバイスと、次の日も滞りなく仕事ができるようにと早急の対応。

 

身近で頼りになる存在って本当にかっこいいんだな。

私ももっともっとかっこよくなりたい。