100%ノンフィクションロードムービー 「一人だけのツール・ド・東伊豆」(改訂版)

町並みはだんだんさびれていき、そして夕闇に包まれていった。

熱海の夜。そこにはスマートボールとか場末のストリップとかの誘惑があるのだろうか。
しかし、僕の準備はまだ終わっていなかった。
天城峠を下ることから始まり、海岸線を走る後半のコース。アップダウンはどれぐらいのものなのか身体で確かめておきたかった。まだその区間のギア比に迷いがあった。
外はもう暗くなっていたが、えーい行っちゃえと熱海から伊豆急に乗り換え、海岸沿いのコースが始まる辺りの河津(かわづ)という駅で降りることにした。

トンネルを抜けると、そこは雨だった。

時刻は21:00過ぎ。
まさか降るとは思わず、雨具なんか何も持って来ていなかった。バックパックには、スプロケ外しとかロックリング外しとかスペアのチェーンとか、無駄に重い物しか入っていない。
とりあえず熱海方面に走れるだけ走ってみようか…。

真っ暗な道が続く。
そして静岡の雨つぶはデカイ(気がする)。
街灯が極端に少ない夜の135号線は、大げさではなく何も見えない。実際、左肩が何度も崖にぶつかった。半島の東側を北上するので左側に山があるが、南下する方向だったら海に落っこちてクラゲのエサになっていてもおかしくない。今、僕が伊豆にいることは誰も知らない。誰にも知られずに海の藻屑と消えるのはわびしすぎるというものだ。
時おり車が通りすぎる時にだけ道が照らされる。だがその見返りに派手に水しぶきをくらう。その繰り返しでズブ濡れになりながらそろりそろりと走った。
ギア比の参考になんてまったくならず、滝の荒行みたいなライドである。
うわあ、こんなことならボケーッとチェーンに油を差して過ごせば良かった…。
早く熱いシャワーを浴びて、旅館の冷たくて固いシーツで眠りてえなあ……。
そんなことばかり考えはじめた。

そんなライドでどれだけ進んだ頃だろうか、ふと空を見上げると、雨雲の切れ間に星がまたたいていた。
空気がきれいなのか、静岡は星も大きく見える(気がする)。

「ツール・ド・東伊豆」で星を見るのもおれ一人ぐらいだろうなあ……。そう思うと、この自分だけのツールもなかなか悪くないと感じた(15秒ぐらいだけ)。

やっと泊まれそうな町が見えてきた!
熱川。
ちょうど第3ステージのゴール地点でもある。

もう一つのツールド東伊豆 熱川宿探し

時刻はすでに22:00をまわっていた。そういえば夕飯もまだだった。ところどころから湯けむりが立ちのぼっていて雰囲気がいいぞ。坂道をくねくね下って行き、灯りのついている宿を探す。

「すいませーん、一人で素泊まりなんですけど、今日空いてますか?」

と聞くと、
「…うちは格安なので、満室なんですよ。」
「今日は満室で…隣は空いていると思いますが。」
「予約を頂かないと…お布団を敷いたり準備もありますので…。」
「素泊まりとか、そういうのはやっていないんですよ…。申し訳ございません。」

軒並み4タテを喰らった。
布団ぐらい自分で敷いてやるっつーのに。
まあ、びしょ濡れで小汚ないバックパッカーに夜遅く門を叩かれても当然の対応なのかもしれない。僕が宿の人だとしても追い払いたいと思うだろう。
聞くとこの時間で開いているかもしれないビジネスホテルが伊東(25キロ先)と、河津にあるという。
こっちはその河津から這う様にして今やっとたどり着いた所だっつーのに、また自転車で戻れるかコンニャロー!!
……とは言わず、ハラワタが煮えくり返りながらも紳士的に立ち去った。宿の名前は伏せておいてやる。
まだ晩メシも食ってないのに、こっちがクラゲの晩メシになってはたまらない。

自動的に、今夜の宿は決まった。

もう一つのツールド東伊豆 ベンチ

ここらへんの駅は、夜になると無人駅になる様だ。トイレで身体をざっと洗い、やっと一息ついた。
今夜の夕飯、湿った揚げせんべいをボソボソとかじりながら、これからどうするか考える。
ああ…おとなしく熱海で泊まっときゃ良かったなあ……もうこんなとこ二度と来るか!

完全に自分のせいなのに、これは八つ当たりというものである(ちびまる子ちゃんのナレーション風)。