100%ノンフィクションロードムービー第2弾!「魚が飛んだ日」

宿から5キロほど自転車で走ると海に出た。
龍宮窟という岩場がある。こんな場所があるのか!とビックリする名所だ。

龍宮窟でのワンシーンその1

一日目の山岳コースで水に飢えていたのか、みんな少年のようにはしゃいだ。

龍宮窟でのワンシーンその2姫サザエ龍宮窟でのワンシーンその3

となりの田牛(とうじ)海水浴場&サンドスキー場でも暴れまくった。

岸壁飛び込み大会

岩場から次々に飛び込む少年中年たちを見ながら、もうこれがツール・ド・西伊豆の最終ステージでもいいなと思っていた。
……だが、また「イラZOO」の発生する気配を感じた。僕は少々ビビった。

少し下田方面に進むと、吉佐美大浜海水浴場という砂浜に出た。このツールで、初めての(みんなで行く)砂浜だった。
このツールでスゴイというかヒドイことは、誰ひとりとしてどこも下見をしていないということだ(苦笑)。その場での判断力が試される。
ちょうどいい場所がなければお蔵入りでもいいかなとも考えかけていたが、ここでやることにした。

Fisherman’s Cyclocross!

事前にZOOは、「自転車で砂浜を走るのは(サビを)いやがる人もいるでしょうね。おれは自分の自転車では走らないですね。」と言っていた。…ツメタイ。
実際、「自転車持って降りてきて~。」と言うと、リヒトなんかは露骨に「ロードでこんなとこ走りたくねえよ…。」とブツクサ言いやがった。
コノヤロ~と思ったが、無理もない。でも何人かは自転車を浜に持ち込んできてくれた。

Fisherman Cycrocross ルール説明

くじで3人×4つの漁師チームに分かれた。

  • アイス→ジャージ→クッキー
  • リヒト→ワイズ→ノヤギ
  • ペヤング→フックん→らんま
  • ステム→ペーター→ヤナケン

それぞれの第一走者がビーチフラッグのスタートの姿勢でスタンバイ。
おやつのアレンジで?随分と遠くからのスタートになっていてビックリした。
スターターをつとめてくれたおやしえが棒を振り下ろすと猛然とダッシュする4人!
水しぶきを上げて川を越え、コースに迫ってくる!!
とても絵になる。やはり勝負ごとになると燃えるメンバーだ。

Fisherman Cycrocross スタート

4台並べられた自転車から一台を担ぎ上げ、テニスコートくらいのコースをぐるっと回る。はだしのやつもいる。一周すると自転車を置き、相撲の土俵のような池のゾーンに集まる。そしてバトンを兼ねた釣り竿の糸をたらした。
走るのが速いだけじゃダメで、確実さもないと結果的に遅くなる。それはなんだか業務と似ているのもおもしろい。

Fisherman CycroCross Scene 1 Fisherman CycroCross Scene 2 Fisherman CycroCross Scene 3


なんだかんだいって、憎まれ口を叩いたリヒトが一番に吊り上げてきた!
釣り糸にぶら下がった魚がピチピチ跳ねているように見えた。
リヒトは肩で息をしながら、ワイルドな顔を恍惚と輝かせていた。

土俵に42匹いた魚は、みるみるうちに吊り上げられていく……。

正直に言うと僕はこの時、なにかカウントダウンの寂しさも感じていた。

このメンバーのおかげで最高に楽しい夏休みになった。

レース後最終カウント

こうして、この夏のツール・ド・西伊豆は終わった。

伊豆の海と緑