ひのりごと 48

image

元クリオシティのパパスが遊びに来てくれた。

普段、自分の犬小屋の周りをうろちょろしたり、庭に来る鳥にちょっかい出したり、昼寝したり、小さな半径をそれなりに楽しんでいる犬が、飼い主が帰ってくると突然思い出したようにうれしくて興奮する。
遠くの友人が遊びに来るって、そういう気分だ。
本当言うと、やって来る数日前からうきうきが止まらなかった。荷物やスケジュールの件で電話した時に、久しぶりの会話が楽しくて思わず近況を全部話してしまいそうだったのを、もったいないので会ってからにということで電話を切ったりもした。

パパスがやってきた当日、私は仕事だったので、朝駅まで迎えに行き、小さなメモを渡して私の職場で合流することにした。メモには私のオススメのお店をいくつかピックアップして書いておいた。メモしたのは店名だけで住所等は一切書かなかった。元メッセンジャーなら検索して効率の良い周り方を自分で見つけてくれるだろうという安心感から。デリバリーの指示書、”マニフェスト”の様なメモだった。
午後、私の職場のお店に登場したパパスは私のマニフェストを完璧にこなしてやってきた。オススメのお店とお店の間に自分で見つけた美味しいお店を挟む完璧ぶり。流石だ。

夕方から足慣らしの為に近くのゲレンデのナイターへと向かった。今回、パパスは八甲田でのバックカントリーを楽しむ為にやってきたのだ。
ゲレンデへ向かう車中でクリオシティ時代の懐かしい話をたくさんした。私のクリオシティ時代は2009年のCMWC開催に向けて没頭していたので、所々記憶が曖昧だった。それをパパスが補う様に色々話してくれた。突然蘇ってくる様々な思い出に笑ったり、苦笑いしたり。頭の中がどかどかと降り落ちてくる濃い思い出を受け止めるのに忙しかった。

二日目からは八甲田に入った。
パパスは思う存分この奥深いフィールドを楽しんでいた。私はバックカントリーで滑った事が無いのに自慢気だった。「いいでしょ、いいでしょ、青森、八甲田。」という感じで。
今、偶然にもパパスと私は同じ業界で働いている。山に携わるその職種。今回、私は同業者のパパスにこの青森が刺激になればいいなと勝手に思っていた。今自分がいる環境やその楽しみ方が新たな刺激になればいいなと勝手に思っていたのだけど、結局刺激をもらったのは私だった。様々な知識がたっぷりとしっかりと蓄えられたパパスの山の話はすごく面白くて興味深かった。2009年頃にクリオシティに入ってきたあの頃のパパスよ…。人の変遷て面白い。

一方、先輩として刺激を与える予定だった私は、ガチガチのアイスバーンのナイターで暴走し、楽しいお酒を思い切り楽しんで人の優しさを知り、得意気に運転していた車でオーバルスキッドを決めて雪壁に受け止めてもらうという、ある意味本物の刺激を与えられたと思われる。そして相変わらず愛らしい先輩ぶりを発揮できたと思われ…。

それぞれの場所で、それぞれ楽しんで、仕事して、ふと思い出した時にフットワーク軽く遊びに来てくれる、そんなメッセンジャーな関係がやっぱり良いなと思った数日間。
楽しすぎた。
青森も私も、もっといいところ見せたいから早くまた来てね。