カーゴバイクレース やります

久々のイベント開催。

カーゴバイクレースをやります。

9/23(日)、11時~12時@関内・日本大通

横浜カーフリーデーのイベント内で行いますので、小規模&エキシビジョンレースになりますが、日頃から乗り慣れている人たち10人ほどで競いますので、面白くなるんじゃないでしょうか。

ちなみに、昨日今日で運んでもらう予定の荷物を集めてますが、「そんなに運ぶの!?」と思われるくらいの物量になると画的に面白そうですね。
初開催となるレースなので、さぁどうなるか。

楽しんでいきましょう。

2018横浜カーフリーデーpdf

 

新規スタッフ募集! 外勤も内勤も。

この度、一緒に活躍してくれるスタッフを募集することになりました。

ブログに書きたいトピックは次から次に出てくるのですが、やる事が山のようで
全然更新できていないという。笑   いけませんね…。

スタッフみんなそれぞれが頑張っていて、いい形で仕事の輪が広がっています。
その輪に加わって、横浜の街を舞台に一緒に活躍しませんか?
今は東京(港区)にも拠点があり、横浜・川崎・東京、活躍の場は徐々に広がり、様々な場所で活躍しています。

やりがいを見出すのも、あなた次第。
何に対しても興味を持って接し、面白がって自分の中に取り入れる。
そういう人はぜひ一緒に働きましょう。
外勤も内勤も募集中です。

じっとしているなんて性に合わない。動いている仕事の方が好き。季節や気候を感じられる仕事も悪くない。人のために働く。環境によい仕事なら尚更。頑張り屋の方だ。個性を尊重したい。責任感なら負けない。

いま、自分も合ってるんじゃないかと思ったあなた。ぜひお待ちしています。実は、そんなに体力は必要ではありません。必要なのは、この仕事が好きであること。そんな自分が好きであること。

決して地元の人ばかりでもありません。スタッフたちの出身地で関東以外を挙げると、北海道・青森・岩手・秋田・福島・島根・福岡・熊本と、実は様々。やってみたい気持ち一つで飛び込んで来てくれた人も少なくありません。無線越しに聴こえる訛りが、多様性を感じて面白いんですよね。
当面はこの仕事1本で続けていきたい、という気持ちが固まったら、ぜひ遠方の方でもご連絡ください。

自転車・バイク(スクーター)、どちらの担当も必要としています。横浜も、東京も。
外勤の応募は、当サイトのリクルートページからお進みください。

 

そして、急ぎのご依頼に応えるべくバックオフィスからメッセンジャーたちを支えてくれる内勤のオペレーターや事務職も募集します。ずっと外の仕事なんて考えられない!というあなた。
こういう会社なので、やる事は山のようにあります。男性女性は問いません。
未経験でも、経験しているうちに出来るようになりますし、やった事はキャリアに繋がります。
輸出入に関する知識も身に付きますよ。
興味が出た方、おススメできそうな人が居りましたら、ぜひご連絡ください。
情報は、マイナビ転職サイトからご覧ください。(6/11~7/10掲載)

11/29(Wed)は、PEDAL OUT YOKOHAMA (step05)

イベントの告知、半年ぶりの開催です。
11/29水の夜は、横浜西口鶴屋町、GrassRootsへGO!
皆様も、積極的に楽しんでいきましょ~! ^^

(サイトからの引用)
横浜の街と街を行き交う自転車乗りが音楽やアート、カルチャーを通して繋がるローカルコミュニティイベント「PEDAL OUT YOKOHAMA
LIVE GUESTに横浜を拠点にする二組、カズキクチDJ SICKとSTRAWを迎え、SHOPはBMX RiderのNAO YOSHIDAによる手書きポストカード、横浜発メッセンジャーによるドメスティックブランドSIDE BOYZ、VJにはいつものmmfilmsが彩りを加えます!GrassrootsのGood Food&Drinkと自転車談義で2017年の忘年会にしましょう!

メッセンジャー募集!

横浜・東京・自転車・カーゴバイク・250スクーター・A by Courio-City

未経験者・女性男性・フリーター・地方出身者・転職・バイク専任・文系・理系・体育会系・皆歓迎

街中走り回って制覇して、友達を案内してみませんか?

まずはお気軽にお問合せください。

リクルートページはこちら

フードデリバリーサービスと紹介記事のお知らせ

※ 弊社に関するニュースが出ていたため、 jiji.comのニュースページを抜粋紹介させて頂きます。

http://www.jiji.com/jc/article?k=000000006.000017102&g=prt

 

「厳選レストランの出来たて料理デリバリー“NEW PORT” 横浜を代表するメッセンジャー会社“クリオシティ”との包括的業務提携を結ぶ」

[スカイファーム株式会社]

和・洋・エスニックと幅広いジャンルの出来たて料理をより迅速に届けることが可能に!

オンデマンドフードデリバリー「NEW PORT」の運営会社であるスカイファーム株式会社(本社:神奈川県三浦市、代表取締役:木村拓也)は、横浜を代表するメッセンジャー会社である有限会社クリオシティ (本社:神奈川県横浜市、代表取締役:柳川健一)と横浜における中心区域のマイクロ物流をより活性化させるべく、包括的業務提携を結んだことを発表致しました。


2016年1月より横浜・みなとみらい地区からデリバリー事業を開始し、会議、イベント、勉強会、ランチミーティング、ケータリングの利用だけでなく、宅配型の社員食堂としても厳選されたレストランの出来たて料理を宅配して参りましたが、急増するオーダー数に対応すべく、オンデマンド物流の先駆者であるクリオシティと業務を提携いたします。スカイファーム代表取締役の木村いわく「今回の包括的業務提携により、急増する料理の注文に対応できるだけでなく、食材や生活雑貨など、より広範囲にわたる商品のデリバリーも視野に入れることができた」としています。クリオシティ代表取締役の柳川氏も「新たな需要喚起にも結び付き、IoTの広がりとメッセンジャーの親和性も確かめられ、意義深い」と両社にとってプラスに働いています。これからも2社ともにデリバリー事業をとおして横浜を盛り上げ、この地域にとってなくてはならないサービスを目指します。

◆NEW PORT
https://newport.stores.jp/

◆クリオシティ
http://www.courio-city.com/

NEW PORTとは?
横浜にある素敵なレストランのお食事をテイクアウト宅配するサービス。会議、イベント、勉強会、ミーティング、ケータリングだけでなく、宅配型の社員食堂のようにもお使いいただけます。また飲食店にとっては、おいしいけれど立地が悪く集客に困っている、店内が狭いため本来の厨房キャパシティ以下の来客しか対応できないという課題を解決します。
スタッフが実際に街を歩きながらリサーチし、独自の掲載基準にかなうレストランだけをピックアップし掲載しています。
「あなた」と「素敵なレストラン」を魅力的な街「横浜」で繋げてゆく地域活性化コミュニケーションツール、それがニューポートです。
https://newport.stores.jp/

移転のお知らせ

これまで横浜の戸部町に本社とオペレーションセンターがありましたが、

この度100mほど引っ越しをし、2月20日より一か所にまとまりました。

新しい住所は、

〒220-0042  横浜市西区戸部町3-71

です。(電話・FAXは変更ございません)

心機一転、スタッフ一同これからも頑張って走り続けますので

どうぞよろしくお願い致します。

 

PEDAL OUT YOKOHAMA -step02-

pedalout2flyer

go out, chill out, paddle out, “PEDAL OUT”!
ということで、街と人と自転車をテーマに交流を目的とした横浜ローカルコミュニティイベント。
この度2回目。
場所は横浜西口、鶴屋町。
企画してくれた皆さん、どうもありがとうございます。

クリオの信長も1930~2030でDJやります。

また、大きなバッグ生地をキャンバスにしたライブペインティングも楽しみです。

なぜ水曜日の夜に開催か??
それは自転車屋さんのお休みが多いから、だそうです!笑
週末開催のイベントには自転車屋さんたちは参加できないですからね。

ぜひ仕事終わりに集まってワイワイ盛り上がりましょう!

詳細は以下フライヤー、およびA ブログより

pedalout2flyerbk

愛車復活!

87犬です。

長年愛用してきたZUNOWのデリ車ピストが修理を終えて復活しました、っていう話です。
 
昨年の師走、久しぶりに振られたラッシュオーダーをピックするため
意気込んで平沼橋をモリモリ踏み込んで上ってた時のこと。

「ピキッ、ピキッ!」っとペダリングと共にBB辺りから聞き慣れない音が。
そのまま弘明寺先までのデリバリーを何とか終え、バックする頃にはBBのカップが外に出始めてきてたので、なるべく踏み込まないようにして何とか野毛の自転車屋さん「102かわもと」に滑り込みました。
 
「BBを締め直してもらえませんか?」
「いいですよ~。」(気さくに対応してくれる店長のチャゲくん)

「87犬さん!BBを締めても止まらないっす!これ、ワン側のネジ山いっちゃってますよ!」
「えぇぇぇ~!!」

IMG_4480

 
・・・というわけでBB側ではなく、フレームのネジ山の方が年月を経て減ってしまっていました。
もう長年これでデリバリーしてるし、いよいよご臨終か・・・、と思ってましたが、元メッセンジャー同期で友人のブレンディ氏(池田氏)がフレームビルダーをしているため相談してみると、
「直せるかもしれないから、とりあえず見せてみて」とのこと。

池田氏は、REW10 WORKS(リューテンワークス)というオリジナル自転車ブランドを都内で展開している人気フレームビルダーだ。
他のビルダーさんが組んだフレームの修理を依頼すること自体、失礼に当たらないかとためらったが、実際は快く対応してくれた。(ありがとうブレンディ)
 
(ブレンディと自分は、昔メッセンジャーとして一緒に走っていた事がある旧知の仲です)

「真鍮を盛ってタップを切り直せば、まだ使えるよ」とのこと。
「10何年も使ってる割には錆もそんなにないし、キレイに使ってるね」と褒められ、これが結構嬉しかった!
 
「転がる石に苔むさず」ですよ。
自転車も、時々状態を気にしつつ走り続けていれば、長く使い続けられるんですよ。そうそう。
(乗らないとすぐ錆びちゃうけどね)
 
元々このZUNOWフレームは、京都KAZEのMくん経由で購入した競輪選手のお下がりでした。
2001年だったかな?当時京都にはピスト三兄弟と呼ばれる日本のメッセンジャーで
最初にピストに乗り始めた3人組が居て、自分はその五男坊・横浜支部ってことで
乗り始めました。(懐かしい話)
ちなみに当時東京では、ピスタチオを名乗るDちゃんやMが最初にピストに乗り始めた
メッセンジャーだったと思いますが、まぁ古い話しなので曖昧です。笑
当時はトラックバイクとかフィクスドギアという英語名の方が通っていた気がします。

 
自転車の塗装が溶接する熱で少し溶けてしまうとの事でしたが、直るなら構わなかったので正式に依頼しました。
 
そして、修理が上がってきた写真がこちら。(ババン!)
IMG_4726

IMG_4728
 
BBシェルの上部にクラックが入っていたそうで、そこも真鍮で埋めてくれました。
塗装は、そのままの状態でクリアーだけ吹いてもらいました。
この火事に遭ったような焦げた感じ、たまらないですね!!
傷だらけの、働くワークバイク。
木工職人さんが使い続けて柄の角が丸くなり、手の油で黒ずんでしまった、
けれどよく研いであるから切れ味はものすごく鋭い、みたいな年季を感じます。
見た目はボロいかもしれませんが、まだまだ走れますぜ!
 
ということで、2月下旬からまたこのZUNOWくんで走り回ることになりました。(次ページへ)
 

ひのりごと 47

imageimage

昨夜の晩ごはんは”丸ごとゆでにんじん”。皮ごと茹でたものをレシピの通り、フォークで崩しながら塩とバターをつけながら食べた。
にんじんは、ある元女性メッセンジャーからいただいたものだ。

メッセンジャーは荷物を早く効率良く届ける為に、ディスパッチャー(配車係)の指示で同じ会社のメッセンジャーと交差点やビルの下で待ち合わせて荷物の受け渡しをすることがある。
大手のメッセンジャー会社に所属していた頃は、無線上で声は知っているけど未だ会ったことのないメッセンジャーと待ち合わせすることも多かった。それ位たくさんのメッセンジャーが同じ会社に所属していた。
全ての人が先輩に当たる新人の頃は、先輩を待たせてはいけないという緊張感と、待ち合わせ場所となるビルの出口や交差点の四角のどこで待つかを間違えないようにという緊張を抱えながら毎回必死に待ち合わせ場所に向かっていた。
待ち合わせ場所に現れるメッセンジャーは、無線の声のイメージのままの人、荷物と一緒に必ず飴をくれる人、無線の勢いのある声とは裏腹に走りきって疲れた顔で登場する人、色々な人がいた。

にんじんをくれた元女性メッセンジャーとは市内のゲレンデの駐車場で待ち合わせをした。
あることがきっかけで、同じ市内に前述の大手のメッセンジャー会社に所属していた女性が住んでいることが分かり、連絡を取り合って会うことになったのだ。しかも、私が今夢中のスキーを教えてくれるということで、この場所での待ち合わせ。入れ替わりで入社しているので現役時代には会ったことがない。初対面がゲレンデってバブルの頃の映画みたいだ。

重なるたくさんの偶然に興奮はしたけど、待ち合わせに緊張はしなかった。
もうお互いメッセンジャーではないから急いで届ける荷物も無いし、怒るディスパッチャーもいない。元メッセンジャーというだけで、いい意味で肩に力も入らない。
車にスキーを積んで現れた女性は想像通りの方だった。
スキーもして、山も登って、話を聞くほど楽しい出会いだということが分かる。
メッセンジャーという職業を選び、山に向かい、この地を選び、スキーで遊び、偶然といえば偶然だけど、何だかどこかで納得できる気がした。そういう風にできてるんだなという感じで。

いただいたにんじんはアドバイス通りそのままシンプルに食べて正解だった。
スキー気分の盛り上がりで買ったユーミンの中古のCDを聴きながら、残っていたワインと一緒に食べる濃いオレンジ色のにんじん。食べながら元クリオシティのメッセンジャーとメールのやりとりをしていた。来週、はるばる横浜から遊びに来てくれる。すごく楽しみだ。自分が選択した今の生活の中にあるこの土地と遊びをそのままシンプルに味わってもらいたい。そういう案内をしたい。そのままでも、私にとっては濃い生活を。